女性の毛深いうなじは汚く見える?綺麗に見える処理の仕方とは?


スポンサーリンク

あなたは女性の場合、自分のうなじは綺麗な方だと思いますでしょうか?

中々自分自身のうなじを見る機会は少ないかとは思いますが、浴衣や着物を着たり、ドレスアップをしたりする時などに、見る人も多いのではないでしょうか?

しかしその際に、思っていたよりも汚く見えてしまい、ショックを受ける人がいるのも事実であります。

nape

だからこそ、綺麗に処理を行い、きちんと整えてあげる必要があるのです。

果たしてそのやり方とは、一体どのようなものなのでしょうか?

まず一つ言える事は、自分で処理をするのではなく、他人にやってもらうというが何よりも大切だという事です。

自分でうなじを処理するのは難しいですし、何よりも三面鏡などを使いながら行わなければ、きちんと処理をすることは出来ませんからね。

しかし、そんな状態で行ったとしても、きっと失敗してしまう事でしょう。

だからこそ、美容院やエステなどで処理をしてもらうのが、一番ベストな方法なのではないでしょうか?

もちろん自分でやればお金は一切かかりませんが、失敗をしてしまうリスクもありますので、やはり無難な方法を選ぶのが賢い判断でしょう。

しかし、どうしても自分で行いたいという場合の、コツをお伝えしたいと思います。

一番きれいに見える形は「W型」と言われており、日本人で一番多い形と言われております。

なので、アルファベットのWのような形になるよう、両サイドを長く、真ん中を多少短くなるような形に整えていきましょう。

生え際は1~2センチ残すようにする事にし、うなじの毛先がくるんと事によって、見た目がより美しく感じられるようになります。

そして、生え際にかけてだんだん薄くなるのが理想でありますので、少し細かいかもしれませんが、そこを意識してカットするようにしていきましょう。

スポンサーリンク

急に生え際が見えてしまう事によって、なんだか角刈りのように見えてしまい、男性っぽく見えてしまいます。

そのような女性は、綺麗に整えているかもしれませんが、女性らしさは少し欠けてしまいますので、そこは要注意です。

また、カミソリやシェーバーを使用する場合、肌が傷ついてしまう恐れもありますので、肌荒れをしない為にも、ジェルなどをしっかりと塗り、肌を傷つけない事が大切であります。

そのような事を意識する事によって、きっと理想のきれいなうなじに見せる事が出来るでしょう。

また、黒い髪の毛は何だか汚く見えてしまうものでありますので、黒髪女性も良いですが、多少染める事によって、より綺麗に見せる事が出来るかもしれませんね。

日本人の肌は白い為、明るい色と暗い色同士が重なってしまうと、どうしても肌と髪の毛の境目が分かりやすくなってしまうのです。

先程言いましたように、生え際にかけてだんだん薄くなるのが理想でありますので、よりそのように見せる為にも、目の錯覚を利用する事がとても大切になってきます。

これは薄毛(ハゲ)で悩んでいる人にも同じことが言え、タレントの「所ジョージ」さんのように、薄毛の人でも髪の毛を金髪にする事によって、肌の白い部分がはっきりと分からなくなり、あまり薄毛だと感じないようになります。

だからこそ、薄毛(ハゲ)で悩んでいる人も髪の毛を明かすくする事によって、目立ちにくくする事はいくらでも可能なのです。

何もケアをしなくても良い人も中には存在しますが、うなじを処理しなければ汚く見えてしまう人も存在しますので、そういう人程参考にしてみて下さい。

また、髪の毛をアップしなければならない職業の方なども、是非参考にしてみて下さい。

やはり綺麗なうなじの女性は男性からモテますし、そのような細かい部分もオシャレの一環ですからね。

男性は、案外細かいところまで見ているものでありますので、普段見えにくいところも、きちんとケアするように心がけていきましょう。

うなじのきれいな女性になれる事を祈ってます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする