料理を美味しく作るコツ!初心者がプロの味付けになる上達法!

得する雑学

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。

料理を美味しく作るコツとは?

 

主婦の人や一人暮らしをしている人など、日々料理をする人は多数存在している事でしょう。

しかし、「なんかこの料理美味しくないな」と思う事も、時にはあるのではないかと思います。

 

料理を美味しく作るコツ!初心者がプロの味付けになる上達法!

 

どうすれば料理が美味しくなる?

 

そのコツは、料理をする際に、食べ物の水分をいかに飛ばせるかという事です。

もちろん、その作る料理レシピの内容にもよりますが、野菜などはいかに多く水分を飛ばせるかによって、その料理の美味しさが決まると言っても過言ではありません。

それはなぜなのかと言いますと、野菜はほとんどが水分で出来ているからこそ、その水分を飛ばしてあげる事によって、より味が濃くなり、深みが出てくるようになるからなのです。

これは、和食、中華、イタリアン、フレンチなど、どの料理に対しても共通で当てはまる基礎知識ですので、まずは料理のテクニックを求める前に、基本的な要素を覚えておきましょう。

応用の前にまずは基礎が大切なのと同様、基礎をしっかりと身に着ける事によって、簡単に料理のスキルアップが出来ますし、一番の効果的な対策と言えるでしょう。

 

野菜は炒めれば炒める程、旨み成分が出る!

 

例えば玉ねぎを炒める場合、生で食べるととても辛く感じますが、炒める事によって、とても甘い味に変化するのではないでしょうか?

これは、玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分が甘み変わるからなのですが、そのように他の野菜も炒めれば炒める程、旨み成分を多く発生させる事が出来るのです。

炒め物を作る際、火が通ってある程度美味しそうな焦げ目が付いたらそれで終わり、という人も中にはいるかもしれません。

しかし、自分だけが食べるのでしたらまだ良いかもしれませんが、人に料理を食べてもらう場合でしたら、少しでも美味しい料理を振舞いたいものですよね?

 

男の胃袋を掴む料理は必要不可欠!結婚したいと思う心理!
男の胃袋を掴む料理はある? 一人暮らしの人なら、自炊をする機会もあるかと思いますが、実家暮らしの人などを中心に、普段料理をあまりしないとい...

 

だからこそ、焦付かせる事なく、いかにして食材の水分を外に出せるかという事が、非常に大切な工程なのです。

きっと、料理が下手で、あまり美味しくないという人は、もしかしたらここの部分が欠けている可能性もありますので、ポイントとして是非覚えておきましょう。

もちろん、長く炒めれば炒める程、料理に時間がかかってしまいますが、料理上手な人はその手間を惜しまないでしょう。

これが肉の場合でしたら、あまり長く火を通しすぎると肉が固くなってしまいますが、野菜などでしたらそれは全く関係ありません。

 

トマトソースを作る時!

 

例えばトマトソースを作る時は、にんじんや玉ねぎを水分を全て出し切るくらい炒める事によって、深い味わいを生み出す事が出来ます。

そうしなければ、深い味わいを出す事なんて、到底不可能でありますので、女性の場合、男性の胃袋を掴む事なんて出来ないのです。

プロの料理人の味が美味しく感じるのは、家のキッチンのコンロの火力よりも強いものを使っているからこそ、より水分が飛びやすいのかもしれません。

しかし、たとえ火力が弱かったとしても、時間をかける事によって、外食のメニューを食べるような、プロの味に近い味を再現する事が出来ますので、料理の極意として覚えておいて損はないでしょう。

ただし、水分を飛ばす事によって、焦げ付いて作った料理が台無しになってしまう恐れもありますので、失敗しないよう、火加減のチェックは注意して行うようにしましょう。

 

 

そして野菜はもちろんですが、きのこ類も炒めれば炒める程、旨み成分がとても良く出る食材と言われております。

きのこ類もほとんどが水分で出来ていますので、軽く火を通しただけでは、旨味などはあまり感じる事は出来ませんが、水分を出し切るまで炒める事によって、きのこの旨味を最大限に引き出す事が出来るのです。

野菜類でしたら鍋にして、ポン酢で食べるものもとても美味しいものではあります。

しかし、きのこ類に関して言いますと、そこまでポン酢なども染み込みませんし、出来るだけ炒めた方が美味しいとされておりますので、是非参考にしてみて下さい。

 

焦げる寸前まで炒めるのが美味しく作るコツ!

 

野菜やきのこを炒めていると、水蒸気として水分が蒸発するのが目に見て分かるでしょう。

だからこそ、もうこれ以上水蒸気が出ないと思うまで、時間をかけて炒めるようにすれば、きっと美味しい料理に出来上がるはずですから。

もちろん炒めれば炒める程、その容量は少なくなり、見た目ですぐに分かりますが、ボリュームもかなり減ってしまうのではないかと思います。

味なんかよりも、とにかくお腹いっぱい食べたいという人は、あまり気にする必要はないでしょう。

しかし、量よりも質を求めている人でしたら、時間をかけてでも長く炒めるようにしていきましょう。

プロの料理人の作る料理は、自分で作るよりも美味しいと感じる事も多いですが、何か特別な裏技を使っている訳ではありません。

高い食材を使っているという事もありますが、調味料の黄金比率をきちんと理解していたり、食材にあった調理法をしていたりと、基礎がしっかりとしているからこそ、アレンジが効くのです。

 

だからこそ、見せかけのテクニックでごまかすのではなく、基礎を覚える事が、料理上手になる為の一番の近道と言えるのではないでしょうか?

料理下手な人の克服方法と言っても過言ではありませんので、基礎をきちんと理解する事によって、苦手な料理の悩みも、きっと改善できるでしょう。

料理の初心者は、料理教室に行けばいくらでもアドバイスして貰えますので、どうしても作る料理が不味いという人は、それも1つの対処法でしょう。

しかし、献立はクックパッドで調べればいくらでも出てきますし、今の時代、いくらでもレシピをマネする事は出来るのではないかと思います。

そして、「砂糖」「塩」「酢」「しょうゆ」「味噌」という、料理のさしすせそを覚えたりと、基礎知識を身に着ける事によって、より料理の幅も広がる事でしょう。

だからこそ、きちんとした知識を身に着けれ、得意料理を1つでも多く増やしていけるよう、今日から頑張ってみて下さい。

 

料理男子はモテる?モテない?嫌われる特徴や女性の本音!
料理男子はモテる?モテない? 結論から言いますと、料理男子に憧れている女性は約8割も存在しており、芸能人でも速水もこみちさんのような、料理...

 

料理を美味しくするコツを学び、今よりも美味しい料理が作れる事を祈ってます。

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。
得する雑学
恋愛言葉.com
タイトルとURLをコピーしました