相手を怒らせてしまった場合の対処法!誠意を持った謝り方が大切!

得する雑学

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。

相手を怒らせてしまった場合の対処法を、あなたはご存知でしょうか?

 

お付き合いや、結婚をしている人と長く一緒にいれば、きっと誰もがケンカをしてしまう場面だって出てくるのではないかと思います。

 

相手を怒らせてしまった場合の対処法!誠意を持った謝り方が大切!

 

 

きっと、ケンカをしないカップルの方が圧倒的に少ないのではないかと思います。

しかし、時には相手の怒りが収まらないような場面も出てくるのではないでしょうか?

 

 

果たしてそんな時には、どのように対処すれば、相手の怒りが収まるのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、そういった時は、言い訳をせずにひたすら誠意を持って謝り続けましょう。

 

 

何か言われたとしても、必要な事以外は話す必要はなく、同じ言葉の繰り返しでも構いませんので、ごめんなさいと言い続ければ良いのです。

そうすれば、きっと相手の怒りは数分以内で収まるのではないかと思います。

 

人の怒りのピークは6秒と言われておりますので、とにかくひたすら謝り続け、相手の怒りが収まるのを待ちましょう。

相手側からすると、謝り続けている人に対して、延々と怒る体力なんてありませんし、誠意を持って謝っている人に対して、長く怒りをぶつけるのもなんだかバカらしくなってきます。

 

 

それにいつまでも怒り続けていると、怒っている側の方がの方が、なんだか悪い人のように思えてくるものであります。

また、逆に申し訳ないという気持ちすら生まれてくるのではないでしょうか。

 

しかし、あくまでもそれは言い訳をせずに、ひたすら気持ちを込めて謝り続けた場合に限ります。

だからこそ変に言い訳をせずに、まずはひたすら謝り続ければ良いのですね。

 

 

一見何かしら発言をした方が良いと思いがちですが、言葉なんていらないのです。

「ごめんなさい」の一言だけあれば、それだけで充分です。

 

しかし、ここで変に言い訳をしたり、相手に対して物事を言い返したりしてしまうと、相手の怒りに火に油を注ぐ結果となってしまいます。

相手は怒っていますので、感情がとても高ぶっていますし、物事を冷静に判断する能力にも欠けている状態なのです。

 

 

ここで何かを言ったとしても、きっと聞き入れてくれる耳なんて持ちません。

だからこそ、言い訳をしたり反論をしたりすることによって、何倍もの怒りがあなたに対してぶつけられる事になってしまいます。

 

 

相手はヒートアップしている状況ですので、まずはその気持ちを抑えさせる為に、反論をせずに怒る理由をなくすことが何よりも大切なのです。

そうすれば、大抵の人は数分もすれば、怒るのをきっとやめてくれるはずです。

 

ひたすら謝っているのにもかかわらず、何時間も説教をされるなんてことは、よほどの人でない限りあり得ません。

逆にそれで相手に対して延々と説教をするような事があった場合、相手の性格の方を疑ってしまいます。

 

 

また何か相手に対して言いたいことがあったりした場合は、相手の怒りが収まった状態になってからきちんと話すようにしましょう。

相手が怒っている内容にもよりますが、きっとあなたも少しは反論したい気持ちがあるのではないかと思います。

 

 

あなたが一方的に浮気をしたりしていたりしない限り、何かしら相手にも悪いところがあるのではないでしょうか?

 

 

しかし相手が怒り狂っている時に、それを言ったとしても逆効果となってしまいますので、まずは相手を落ち着かせることを第一優先として考えるようにしましょう。

そして相手の怒りが収まったら、冷静になって物事を話し合いましょう。

 

何か言いたい事があれば、この状態になってから伝えれば良いのです。

そうすれば感情的にならずに、より大人な話し合いが出来るのではないかと思います。

 

 

これは仕事でも当てはまる事であり、例え自分がした失敗ではなくても、あなたが怒られてしまった場合、まずは真っ先に謝るようにしましょう。

そして相手の怒りが収まった時に、「実はこれは私の失敗ではないのです」と伝えれば、それはとても大人な対応ですね。

 

あなたがやった失敗ではないので、反論したい気持ちは痛い程分かりますが、相手が怒っている段階で「私の失敗ではありません」というのは、大人な対応ではありません。

ここで大人な対応を見せる事によって、あなたの見る目も変わるのではないでしょうか。

 

 

そうすれば、間違えて怒ってしまった相手のプライドを傷付ける事もありませんからね。
しかしこれは相手が感情的になっていて場合に限ります。

相手が冷静に物事を話していた場合は、素直に「私の失敗ではありません」と言っても問題はないでしょう。

 

普通に話し合えば分かり合えるのにもかかわらず、互いに気持ちが高まっている時に話し合うのは、分かりあえるものも分かりえなくなってしまいますからね。

だからこそ、今言った内容を是非実践してみてください。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

上司から怒られやすい人の特徴!好かれる人と怒られキャラの違い!

 

 

仮にケンカをしてしまったとしても、上手く仲直り出来る事を祈ってます。

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。
得する雑学
恋愛言葉.com
タイトルとURLをコピーしました