私は、長年恋愛アドバイザー専門として活動しており、「恋愛・雑学・心理学」を中心に、モテる為の豆知識を執筆しております。

恋愛言葉.com

得する雑学

二度寝を防ぐ防止策!遅刻しない為の効果的な対策とは?

 

二度寝を防ぐ防止策とは?

 

朝に強い人よりも、朝に弱い人の方が多く存在するのではないかと思いますので、素早く起床出来ない人も、きっと多い事でしょう。

夏ならまだしも、冬の寒い朝は特に、布団やベッドから中々出られない人も、数多く存在するのではないでしょうか?

 

二度寝を防ぐ防止策!遅刻しない為の効果的な対策とは?

 

寝坊しない為の効果的な方法とは?

 

① 二度寝防止法として、目覚ましをギリギリにセットしておく

 

人によるかと思いますが、時間に余裕があるからこそ、その安心感から、人は心理的に二度寝をしてしまうのではないでしょうか?

しかし、数分間二度寝をしてしまう事によって、逆に眠くなり起きれなくなってしまう可能性が高い為、そもそも二度寝が出来ないような状況にしてあげれば良いだけの話なのです。

そうする事によって、絶対に起きなければならない環境を作り出す事が出来る為、脳が焦ってしまい、すぐに目覚める事が出来るのですね。

中には寝坊をして、学校や仕事に遅刻した事のある人もいるのではないかと思いますが、その際は眠気よりも焦りの方が勝つ為、きっと眠さなんて全く感じなかったはずです。

たとえば毎朝8時の電車に乗る為に、毎日6時半に起きているとしましょう。

しかし、ある日気付いたら7時20分で遅刻ギリギリだったとします。

 

するとその場合、目覚まし時計を見た瞬間に、眠さよりもきっと焦りの方が勝ってしまう事でしょう。

そのような状況の場合、睡魔を感じている余裕なんてありませんので、きっとスムーズに起床できるのではないでしょうか?

だからこそ、人はそのような時には眠気なんて全く感じなくなり、一瞬にして眠気は吹っ飛んでしまうものなのです。

そのような体験を一度や二度、体験した事もある人も少なくはない事でしょう。

普段きちんと起きられている人は、寝坊をして焦らなかったり、慌てないような人は、まず存在しないのではないでしょうか?

そのような場面で焦らず冷静でいられる人は、普段から寝坊して遅刻をしている人に限るのではないかと思います。

 

関連記事
仕事ができる人の8つの特徴!優秀な人が実践している習慣!

  仕事ができる人の特徴をご存知でしょうか?   人によっては仕事量が増えすぎてしまい、残業が多く発生するといった人も、数多く存在している事でしょう。 しかし、仕事ができない人には ...

続きを見る

 

 

だからこそその解決策として、あえて自分を追い込んだ状況に身を置く事によって、絶対に起きなければならない余裕のない状況を作り出し、起きられない原因を解消させる事が出来るのではないでしょうか?

朝、頭痛が起きてしまうような人もいるかもしれませんが、二度寝の誘惑をかき消す事によって、きっと熟睡していたとしても、もすぐに起きる事が出来るでしょう。

学生の場合でしたら、百歩譲ってまだ良いかもしれませんが、社会人の人の場合、その遅刻1回で、信用を一気に失ってしまう事にも繋がりかねませんからね。

だからこそ、遅刻とまではいかないにしても、遅刻するギリギリくらいに目覚ましやアラームをかける事によって、それと似たようなメンタル状況を作り出す事ができ、スッキリと目覚める事が出来るのです。

 

② 二度寝を行う為に、あえて1時間前くらいに起きる

 

これは一見矛盾しているかのように思えますが、二度寝をしないのではなく、二度寝をする為にあえて早く起きるというテクニック法なのです。

人によっては、二度寝の快感や、快眠できる心地良さが忘れられないといった理由で、毎日二度寝をしてしまう人も多く存在している事でしょう。

確かに、朝目覚めてしまった時に、時間が早すぎてまだ寝れると思った時は、とても幸せに感じるのではないかと思います。

朝に強い人でもそうかと思いますが、もう学校や仕事かと思って起きたら、まだ日も出ていないような時間だった場合、また寝れると思って幸せに思える事でしょう。

 

関連記事
幸せの正体とは一体何か!結婚でもお金でもない哲学的な定理!

  幸せの正体は一体何なのかを、あなたはご存知でしょうか?   幸せの定義をひとたび間違えると、全く違った人生となってしまう可能性もありますので、そこを間違えないようにしていきまし ...

続きを見る

 

だからこそ、あえて余裕を持って二度寝を出来るような状況を作り出す事が大切であり、気持ちがいい体験をさせる事がポイントとして挙げられるのです。

あと10分の二度寝よりも、あと1時間の二度寝の方が、より寝た感を感じられる為、リフレッシュ感を得る事が出来ますので、そういった考え方をするのもコツと言えるでしょう。

先程言いました通り、数分間二度寝をしてしまう事によって、逆に起きれなくなってしまう可能性も大いにありますので、余裕を持って二度寝をする必要があるのです。

二度寝しない方法も大切ではありますが、目的はしっかりと目覚め、遅刻をしない事ですので、余裕を持って行動する事によって、きっとより眠気が覚めるのではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

二度寝を防止して遅刻しない対策は、二度寝の原理を知る事でしょう。

朝はとてもだるいかもしれませんが、自分なりのルールを作り、防ぐ対策を取る事が出来れば、きっと体質改善が出来るのではないでしょうか?

この2つはとても案外有効な方法ですので、二度寝の解決策として、試してみる価値はあるのではないかと思います。

人によって、どちらの方が向いているのかは変わるものですので、まずは両方とも試してみて、自分に合った方法を活用してみてはいかがでしょうか?

しかし、夜更かしをせず不規則生活を送らなければ、体内時計も安定し、浅い眠りではなく、深い眠りに就く事ができ、きっと簡単に遅刻を防ぐ事が出来るはずですから。

 

関連記事
デートの待ち合わせに遅刻した時!相手の怒りを和らげる対処法!

  デートの待ち合わせに遅刻した経験はありますでしょうか?   彼氏・彼女との待ち合わせの約束の時間をオーバーしてしまったという経験は、誰もが1度や2度は経験しているのではないかと ...

続きを見る

 

二度寝をしたとしてもしなかったとしても、毎朝起きるのが少しでも楽になる事を祈ってます。

 



-得する雑学

Copyright© 恋愛言葉.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.