私は、長年恋愛アドバイザー専門として活動しており、「恋愛・雑学・心理学」を中心に、モテる為の豆知識を執筆しております。

恋愛言葉.com

心理学

結婚指輪を付けない理由はなぜ?男女共通の本音や心理!

更新日:

 

結婚指輪を付けない理由はなぜなのかを、あなたはご存知でしょうか?

 

結婚指輪を付ける派の人も、付けない派の人も様々ではないかと思いますが、やはり付けて欲しいと誰もが思うものでしょう。

しかし、自分は結婚指輪を付けているのにも関わらず、相手が付けていなかった場合、とても寂しいですし、不安にも感じる事もあるでしょう。

だからこそ、永遠の愛の誓いとして購入したリングを付けない理由を、きちんと把握しておく必要があるのです。

 

結婚指輪を付けない理由はなぜ?男女共通の本音や心理!

 

そこで今回、結婚指輪を付けない男女共通の本音や心理を、10個お伝えしたいと思います

 

① 結婚指輪を付けないのは、浮気心があるから

 

いつまで経っても独身だと思われたいからこそ、やましい気持ちの一環として、普段から結婚指輪を付けないという選択をしているのではないかと思います。

独身アピールをして、既婚者だという事を隠して合コンに行ったりしたいと思うからこそ、その都度指輪を外すのは面倒ですし、その手間すら惜しむのが嫌なのでしょう。

この場合は、浮気をしたいというサインですので、いつまで経っても、異性からモテたい・不倫をしたい・遊びたいという下心があるのではないでしょうか?

結婚指輪には、浮気防止のアイテムという機能も兼ね備わっておりますので、それを防ぐ為にも、普段から結婚指輪を外したいと思うのかもしれませんね。

 

関連記事
浮気が彼女にバレる原因とは?発覚しない為の対処法!

  浮気が彼女にバレる原因を、あなたはご存知でしょうか?   きっと、彼女がいるのにもかかわらず、浮気をしてしまった事のある人も、案外多いのではないでしょうか? 浮気はもちろんしな ...

続きを見る

 

② 結婚指輪を付けないのは、取り外すのが面倒くさいから

 

指輪を付けられない職業の人もいるかもしれませんが、いちいち取り外すのが面倒だと思うからこそ、「だったら普段から付けなくてもいいや」という思考になってしまうのでしょう。

結婚指輪を付けるのが禁止されている職業は、意外とたくさんありますので、職業柄付けられないという人に、多く当てはまるのではないかと思います。

また、日常生活に支障がある事も多く、お風呂や食器洗いの際に、1回1回指輪を外している几帳面な人程、付けなくても良いという心理になってしまうのかもしれませんね。

そのように、几帳面な人や、潔癖症な人に多く当てはまる項目ですので、そういった本音があるという事を覚えておいて下さい。

 

③ 結婚指輪を付けないのは、体型が変わって指輪が入らなくなったから

 

結婚当初は痩せていたのにもかかわらず、あれから月日が経って、太ってしまったという人は、指も太くなって痛いと感じるのではないかと思います。

だからこそ、「痛い思いをしてまで結婚指輪を付けなくていいや」という心理になってしまうのでしょう。

また、その逆で、結婚当初は太っていたのにもかかわらず、結婚後にダイエットが成功したという人の場合も、同じ事が当てはまるでしょう。

指が細くなってゆるゆるになってしまったからこそ、指にフィットせず付け心地が悪いと感じ、買い直したり、作り直すのも面倒ですし、だったら付けなくてもいいやという心理になってしまうのです。

 

関連記事
幸せ太りする人の原因や対策!結婚後に解消する男女共通の改善法!

  幸せ太りする人の原因や対策を、あなたはご存知でしょうか?   結婚後には、以前よりも別人のように太ってしまったという人も、数多く存在しているのではないかと思います。 そして、結 ...

続きを見る

 

④ 結婚指輪を付けないのは、何だか落ち着かないから

 

指輪をしていると、なんだか落ち着かないという人は、案外数多く存在しているのではないでしょうか?

価値観は人それぞれですし、そう思う人がいても何も不思議な事ではないでしょう。

結婚当初は良かったかもしれませんが、次第に違和感を覚え、何だかうっとうしいと思ってしまう人は、それは仕方のない事かもしれませんね。

邪魔くさい・わずらわしいと思うのは、その人にしか分からない感覚ですので、他人がどうこう言う筋合いもないと言えるでしょう。

 

⑤ 結婚指輪を付けないのは、なくすのが怖いから

 

指輪を外した際に、どこに置いたのかが分からなくなってしまい、無くしそうになった経験をした人に対し、多く当てはまる項目ではないかと思います。

実際に結婚指輪をなくしてしまっては、後々取り返しがつかなくなってしまいますので、だったら初めから付けなければ良いという心理になってしまうのです。

以前はたまたま見つかったかもしれませんが、次に行方不明になった際は、もう戻って来ない可能性もありますので、それを未然に防ぎたいという本音があるのでしょう。

それに、結婚指輪は小さいからこそ、無くした指輪を見つけるのは、探すのも面倒くさいですし、そのような要素も重なり、普段から付けないという判断に至ったのかもしれませんね。

 

関連記事
結婚指輪をなくした時の対処法!紛失時はどうするのが正解?

  結婚指輪をなくした時の対処法を、あなたはご存知でしょうか?   なくさないに越した事はありませんが、人によっては指輪がどこかに行ってしまった、という人も存在するでしょう。 しか ...

続きを見る

 

⑥ 結婚指輪を付けないのは、指輪を傷付けたくないから

 

食器洗いの際はたとえ取り外したとしても、日常生活でもふとした瞬間に、結婚指輪を傷つけてしまう事はよくあるでしょう。

だからこそ、傷が付いてしまうくらいだったら、初めから外せば良いという心理になってしまうのかもしれませんね。

それに、ブランド物の指輪で、プラチナ素材を使用していたりと、高額な指輪程もったいないと感じるのが、人の心理ではないでしょうか?

結婚指輪は最低でも数十万くらいはしますし、人によっては何百万、何千万とする指輪を買った人もおりますので、綺麗な状態を保ちたいと思うのは当たり前の考えですからね。

 

⑦ 結婚指輪を付けないのは、デザインがダサく感じるから

 

当時はオシャレだと思って買った結婚指輪だとしても、新作の指輪はどんどん出てきますので、次第にデザインがダサく感じるのは当然の事でしょう。

だからこそ、流行ではない一昔前の結婚指輪を身に付けるが嫌だと感じてしまい、次第に付けたくない・いらないと思ってしまうのではないかと思います。

それに、年を重ねて指輪が傷付いて色褪せてしまったという人はとても多い為、なんだかダサいと感じるのは、ある意味仕方のない事かもしれませんね。

結婚指輪は、時間が経つと所詮アクセサリー感覚でしかありませんので、そこまでこだわって身に付けなくても良いという気持ちは、少しは理解出来るのではないでしょうか?

 

 

⑧ 結婚指輪を付けないのは、衛生面が気になるから

 

長年結婚指輪を身に付けていると、次第に錆びてくる場合もありますし、お米を研ぐ時などは、何だか衛生面が気になるのは当然でしょう。

それに、野菜やお肉を切る際も、必ず直接手に触れますので、不衛生だと感じてしまうのは、致し方ない事ではないかと思います。

また、ワックスやハンドクリームを手に付ける際に、洗い残しで指輪の内側にワックスやハンドクリームが付いていたという体験談をお持ちの方もおりますので、不安に感じるのは当たり前でしょう。

指と指輪の間は雑菌の溜まり場とも言われておりますので、だからこそ結婚指輪を付けないのかもしれませんね。

 

⑨ 結婚指輪を付けないのは、金属アレルギーだから

 

先程もお伝えしました通り、指と指輪の間は、汗も溜まりやすいですし、雑菌の宝庫となってしまうのです。

すると、初めは金属アレルギーではなかったとしても、次第にかゆみやかぶれが出てくるようになり、アレルギー体質になってしまう人は、案外多いのではないでしょうか?

肌が弱い人は、特に金属アレルギーになりやすい為、皮膚が炎症したりするのは、急になるものだという事を覚えておいて下さい。

だからこそ、本音としては付けたいと思っていたとしても、手荒れを防ぎたいと思う気持ちが勝ち、結婚指輪を付けたくないと思うのは当然の事ではないかと思います。

 

⑩ 結婚指輪を付けない事に、特に意味はない

 

この場合は、結婚指輪に対して強いこだわりがなく、付け続ける意味が分からないから、ただ何となく付けないだけという、特に深い意味はないパターンと言えるでしょう。

以前は付けていたのにもかかわらず、ふとしたきっかけで急に付けないようになり、それが当たり前になってしまっているのでしょう。

新婚の頃は付けている意味もあったかもしれませんが、新鮮なのは初めだけだけですし、付け続ける理由が分からないといった意見も多く聞かれました。

年代が上がると結婚指輪を外す割合も高くなりますし、愛情の形は指輪ではないという風に、次第に変化していくのかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

結婚指輪を付けない人の理由としては、基本的に上記のような内容が挙げられますので、気になる場合は直接相手に聞くなど、理由を一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

結婚指輪をなくした人や、そもそも貰っていないという人は、付けられないのが当たり前ですが、そうでない場合でしたら、きっといずれかの項目に当てはまるでしょう。

しかし、基本的には愛情がないという可能性はかなり低い為、付けて欲しいと思う気持ちはあるかもしれませんが、そこまで気にする必要もないでしょう。

「なぜ結婚指輪をはめないのか?」と疑問に思う事もあるかもしれませんが、その本音をきちんと把握する事によって、不満に思う気持ちも収まるのではないかと思います。

 

関連記事
指輪なしのプロポーズ割合が増加中!悲しいと思わせないアイデア!

  婚約指輪なしのプロポーズ割合が増加中という事を、あなたはご存知でしょうか?   きっと、彼女に喜んでもらえるように、婚約指輪を渡す予定の男性も多いのではないかと思います。 しか ...

続きを見る

 

アンケートの結果、約1/3の人は、男女共に結婚指輪を付けないといったデータもありますので、案外あるあるな事なのかもしれませんね

 

男性の方が、結婚指輪を付けない人の割合は若干高いとも言われておりますが、基本的には男性も女性も同じくらいの割合と言われております。

だからこそ、愛情の証である結婚指輪を外すからといって、それで旦那さんと奥さんの関係が壊れる訳ではありませんので、そこを忘れず心の繋がりを何よりも大切にしましょう。

しかし、人それぞれ意見や考え方が違うかと思いますが、結婚記念日など、大切な日くらいは、たまにはお揃いの結婚指輪を付けてデートをしてみてはいかがでしょうか?

それでも、結婚指輪がどうしても付けられない・付けたくないという場合は、ネックレスにして身に着けるという対処法もありますので、是非参考にしてみて下さい。

 

関連記事
記念日を忘れる彼氏や旦那の本音!間違える男性と女性心理の違い!

  記念日を忘れる彼氏や旦那さんの本音を、あなたはご存知でしょうか?   不意に記念日を聞いたとしても、きっとすぐに思い出せない人や、間違えてしまう男性も多く存在している事でしょう ...

続きを見る

 

結婚指輪を付けるメリットとしては、社会的信頼を与える効果が期待できるのです

 

結婚指輪を付けるのは、大人としての1つのステータスとなりますので、肩書のような役目を果たしてくれる事でしょう。

男女共に、夫・妻でいるという事は、それだけきちんとしているという印象を相手に対して与える事ができますので、商売をする仕事の場合は、とても有効活用できるでしょう。

お客さんに信用してもらう為の材料となりますので、取引先での折衝や、何か大きな契約ごとをする際には、きっと役に立つのではないかと思います。

だからこそ、婚約指輪は外している事も多いかもしれませんが、普段結婚指輪を付けない人は特に、結婚指輪を付けるメリットもあるという事を、是非覚えておいて下さい。

 

関連記事
元カノから貰ったプレゼントを捨てない心理!未練がある浮気症?

  元カノから貰ったプレゼントを捨てない男子心理を、あなたはご存知でしょうか?   きっと中には、プレゼントをまだ取っておいているという男性も、数多く存在しているのではないかと思い ...

続きを見る

 

結婚相手が指輪を付けていたとしても、付けていなかったとしても、いつまでも幸せな関係性でいられる事を祈ってます。

 



-心理学

Copyright© 恋愛言葉.com , 2019 All Rights Reserved.