お小遣いを上げて貰うアップ方法!少ない額を増やす旦那の交渉術!

得する雑学

 

メル友、趣味友、飲み友、恋人、結婚相手が見つかるマッチングアプリ「ペアーズ」はこちら。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。

お小遣いを上げて貰うアップ方法を、あなたはご存知でしょうか?

 

そして結婚をしている男性の場合、あなたは現在お小遣い制でしょうか?

今の時代、共働きの家計も増えてきている為、互いに別々のお財布を管理している家計も数多く存在します。

 

お小遣いを上げて貰うアップ方法!少ない額を増やす旦那の交渉術!

 

 

しかし、女性が社会進出を果たした今でも、まだまだ女性が家庭のお財布を握るところがとても多い為、お小遣い制の旦那さんもきっと世の中には多く存在しているのではないかと思います。

それに奥さんが食費や光熱費などの管理をする方がより節約もできますし、奥さんがお財布のひもを握っていた方が、家庭が上手く回るとも言われていますからね。

 

 

しかしお小遣い性の旦那さんの場合、あなたは現状貰っているお小遣いの額に満足はしていますでしょうか?

 

 

お小遣い性の旦那さんにアンケートを取りましたところ、約90パーセントもの旦那さんが、今貰っているお小遣いの額には、多少なりとも不満を持っているようです。

もちろん旦那さんの年収や、共働きなのか、子どもがいるのか・いないのかなどによっても変わってくる事でしょう。

 

しかし少しでも多くお小遣いを貰いたいというのが、旦那さんの本音であり、本心ではないかと思います。

そりゃ少ないよりも多く貰えるに越した事はありませんし、金の切れ目が縁の切れ目とうことわざの通り、お小遣いの少なさが原因で離婚してしまわないように、上手く交渉していきたいものであります。

 

 

そこで今回、少ないお小遣いの額を増やす、旦那の交渉術を見ていきたいと思います。

 

 

その方法とは心理学を用いるのですが、まずは少し多めに金額アップの交渉をしてみましょう。

 

 

例えば1万円上げて欲しいと言って断られた場合、「じゃあ3千円ならどう?」と言うことによって、「まぁ3千円ならいいかなと」思ってもらえる事が出来るのです。

例えば1万円上げて欲しい場合は、2万円アップの交渉をするなど、自分で程よい額を決めてみましょう。

 

あまりにも無謀な額を言ってしまうと、きっと怒られてしまうと思いますが、勇気を持って交渉を持ち掛けてみましょう。

これは心理学的に既に実証済みの、とても有効な方法なのです。

 

 

お小遣いとは少し違いますが、お金を貸してもらう事を題材としたテレビ番組においても、例えば初めに「100万円貸してくれない?」と言ってから、じゃあ10万円でいいから」と言うとあっさりと貸してくれるといった検証結果もあります。

 

しかしいきなり10万円貸して?」というのは、その人にとってとてもハードルが高く感じてしまいますよね。

だからこそ、いかにハードルを低く見せられるかという事が、とても重要なポイントなのです。

 

 

その他にも、例えば1000万円の車を買ったとします。

すると消費税が数百万近くかかりますが、1000万円の買い物をしているので、そこまで高いとは感じませんよね?

 

それと全く同じ原理であり、いかに人の脳を騙すかという事が非常に重要なのです。

しかし、その秘訣さえきちんと実践する事によって、お小遣いUPも実現できるでしょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

相手の秘密を聞き出す方法!心理的な質問で本音を話させるコツ!

 

 

心理学というものはとても素晴らしいもので、言葉の使い方一つで、人の脳を錯覚させる事が出来るのです。

これを知っているか知っていないかで、お小遣いの額が変わるとしたら、覚えておいて損はないのではないでしょうか。

 

この心理学を奥さんが知っていたらあまり意味はないかもしれませんが、仮に知らなければ、成功する可能性もきっと高いはずです。

もちろん100パーセント成功するという訳ではありませんが、ただ単にお小遣いアップのを交渉するよりも、お小遣いが上がる可能性は格段に上がるはずですから。

 

 

お小遣いを上げる側の立場になって物事を考えれば、少しでも可能性を高めることは可能なのではないかと思います。

だからこそ、自分勝手な気持ちだけで物を言うのではなく、相手の立場にも立った上で、交渉をしてみると良いのではないでしょうか。

相手も人間ですので、言われ方一つで、案外うまくいく事も多いのではないかと思います。

 

 

上手くいくことを願ってます。

 

メル友、趣味友、飲み友、恋人、結婚相手が見つかるマッチングアプリ「ペアーズ」はこちら。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。
得する雑学
恋愛言葉.com
タイトルとURLをコピーしました