得する雑学

他人と比べると不幸だと感じる?比較すると幸せになれない理由!

更新日:

 

あなたは、他人と比べると不幸だと感じるという事を、ご存知でしょうか?

 

だからこそ、そのような癖がある人の場合、なるべく周りの人の事は気にしないようにしましょう。

 

 

オンリーワン

 

 

本当に大切な事とは、他人ではなく、過去の自分と比べる事なのです。

 

 

人は他人との違いを異常に気にする生き物なのですが、しかしそれはある意味仕方ないかもしれません。

人間が動物から進化するにあたって、他人との競争に打ち勝たなけれな生き残って来れなかった訳ですし、子孫だって繁栄出来なかった訳ですからね。

 

しかし今は時代も全く違いますし、そこまで他人を意識しすぎなくても良いのではないでしょうか。

他人と比べる事も時には大切ではありますが、本当に大切な事を忘れないようにしていきましょう。

 

 

例えば日本の平均年収はいくらだから、それ以上稼げばOK。それより低かったらNGと自分自身を評価してしまいます。

もちろん一つの指標として、それに向かって頑張ることは大切ではありますが、人と比べて自分の評価をつけることだけはやめましょう。

 

大切なのは、過去の自分と比べて成長しているかしていないかなのです。

だからこそ、昨日の自分よりも少しでも成長していればそれでOKなのです。

 

 

年収で言うと、他の人の給料と比べるのではなく、自分の目標としている給料に達しているのか達していないのかという事を意識するようにしましょう。

他人と比べているようでは、あなた自身の成長には決して繋がりませんからね。

 

例えばマラソンで言いますと、順位を気にするのではなく、自己ベストを出す為にひたすら頑張ればいいのです。

周りの人のタイムなんかを気にしたとしても、なんの意味もありません。

 

 

自己ベストが出て負けたなら仕方ないくらいの気持ちがなければ、人として成長はしないのではないかと思います。

 

 

仮に勝ったとしても平凡な記録で勝った場合、果たして本当に嬉しいと思いますでしょうか?

 

 

これで嬉しいと答えた人は、絶対に成長は出来ない事でしょう。

 

 

オリンピックなどの場合はまた考えは違ってくるでしょうが、常日頃から自己ベストを求めなければ、スポーツ選手としては成長出来ません。

そんなのは他力によって変わるものでありますので、それで勝ったとしてもあなたが優れているという訳ではありませんからね。

 

だからこそ他人と比べるのではなく、過去の自分と比べなければならないのです。

考え方が変わればきっと成長のスピードも変わってくるはずですから。

 

 

スポーツで例える場合、個人競技とチーム競技でもまた違ってくるかと思いますが、それでも自己ベストを常に求めていきましょう。

そうでなければ、きっとチームの上昇にも繋がらないでしょう。

 

それに他人と比べているようでは、何も面白くないのではないでしょうか。

自分自身と比べるからこそ、より面白い楽しい人生になるのではないかと思います。

 

 

スポーツで例えましたが、これは恋愛でも、勉強でも、仕事でも何でも同じ事であります。

 

 

例えば恋愛で言いますと、仮に好きな異性の人が存在するとします。

しかし、好きと思っている人はあなた以外にもいるとしましょう。

 

もちろん同じく好きと思っている同性の人を意識することも大切ではありますが、その人を変えることは出来ません。

変えられるのは自分自身だけなのですから、周りがどうという事ではなく、ひたすら自分自身を磨くことだけに集中しましょう。

 

 

ベストを尽くした上でその人と付き合えなかった場合、それはそれで仕方ないでしょう。

悔しいとは思いますが、やれる事はやった訳ですから、きっとすぐ次に切り替えられるはずです。

 

このように、勉強でも仕事でも、他人の成績などを変えることは出来ませんので、自分を高めることだけに集中していれば良いのです。

そうすれば、きっと成績伸びも違ってくるはずですから。

 

 

そのように、幸せになる為には、自分自身と常に戦う必要がありますので、他人ではなくもっと自分と向き合って生きていくように心がけていきましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

失敗は成功のもと!学ぶ事が多く成長する為の材料になる理由!

 

 

人として、一段も二段も成長できることを祈ってます。

 



-得する雑学

Copyright© 恋愛言葉.com , 2019 All Rights Reserved.