恋愛・雑学・心理学は学校では教わらない為、このサイトでは男女共にモテる秘訣をお伝えします。

モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」

恋愛

好きと言わないのはなぜ?不安や悩みを解決する男女の心理!

更新日:

 

あなたは、好きと言わない彼氏・彼女に対して不安に思った経験はありますでしょうか?

 

お付き合いをしている人の場合、なぜ彼氏・彼女の関係なのにもかかわらず、好きと言ってくれないのかという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

すると、愛や熱量が中々伝わってこない為、「本当にこのまま一緒にいて良いのか?」と不安に駆られてしまう事でしょう。

これは結婚をした夫婦同士にも同じ事が当てはまり、実際にお付き合いをしていない場合を除き、大体同じような事が当てはまるのではないかと思います。

 

好きと言わない男

 

そこで今回、好きと言わない男女共通の心理を、5つ挙げてみたいと思います

 

① 恥ずかしいから

 

これはただ単純に、恥ずかしいという気持ちが勝ってしまい、中々面と向かって好きという言葉を伝える事が出来ないのではないかと思います。

「好き?」と聞かれたらもちろん「Yes」と答えるのですが、心理的に自分から好きという言葉は言いずらいというのが本音でしょう。

 

海外の人でしたら、好きと伝えるのは挨拶みたいなものですが、日本人はそのような文化ではありませんので、照れくさいと思うのは当たり前の事かもしれませんね。

日本人はシャイな性格をしてると言われておりますし、どうしても遠慮してしまう部分があるからこそ、恋に対しても少し奥手になってしまうのではないでしょうか?

 

だからこそ、お酒を飲んでテンションが高い時や、気持ちが高揚している状態でしたら言うのは簡単なのですが、通常の状態では直接愛の言葉を伝えるのは難しいと言えるでしょう。

また最近は、ガツガツしている人も少なくなってきておりますので、素直になれない人も多く、間接的にしか愛を伝えられない人が多くなっているのが実態なのです。

 

② 愛してるから

 

この場合は、本当に大好きで愛しているからこそ、わざわざ言葉にして伝えなくても良いと思っているのかもしれませんね。

結婚している場合は特にそうですが、長年一緒にいて信頼関係が構築されているからこそ、言わなくても十分愛は伝わっていると感じるのです。

 

もちろん、だんだんと愛情が冷めきってしまう場合もあるかもしれませんが、それ以上に気持ちで繋がっており、強い絆で結ばれているのですね。

そのように、本気で愛しているからこそ言葉ではなく態度で示しているのではないでしょうか?

 

好きという言葉は、相手に対して離れないで欲しいという、自分への安心材料にしか過ぎないとも言えますので、浮気をせずに一途でいてくれていると信用している証でもあるのです。

何よりも、言葉より行動で示す事が夫婦円満の秘訣ですので、まだ未婚のカップルの場合も、その特徴をきちんと理解していきたいものであります。

 

関連記事
言葉より行動が大切!口でなく態度を見れば本音が分かる心理学!

  彼氏・彼女・旦那さん・奥さんとずっと一緒にいる上で、言葉や行動で誠意を示す事は、非常に大切です   しかし、「言葉」も「行動」もどちらも大切な行為ではありますが、あなたはどちら ...

続きを見る

 

③ 重みがなくなるから

 

好きと伝えるのは簡単に出来るからこそ、言いすぎるのも嘘っぽく聞こえますし、好きという言葉の価値が下がってしまうのではないかと思います。

だからこそ、安っぽい言葉にしない為にも、好きという言葉を軽々しく言いたくないと思い、あえて言わないのではないでしょうか?

 

たまに好きと言われるからこそ、ドキッとする訳ですし、わざわざドキドキ感が薄れるような行動を取りたくないという証でしょう。

若いうちは中々分からないかもしれませんが、過去の経験から学んでいる、恋愛経験豊富な人は、きっとその意味が分かるのではないかと思います。

 

頻度が多いと、それがウザイと思われドン引きされる可能性もありますし、マンネリ化となり、飽きられる原因にもなってしまいますので、そこは要注意です。

しかしそれは、恋愛を長続きさせる為のテクニックと言えますので、好きと伝える回数よりも、好きという気持ちの大きさを大切にしていきたいものであります。

 

④ 優位になりたいから

 

これも先程の「重みがなくなるから」という意味と若干似ているのですが、自分が恋愛の主導権を握りたいからこそ、あえて言わないというケースも考えられるのです。

追われると逃げたくなるのが人の心理ですので、そこをきちんと理解しており、あえて伝えないという対策を取っているのではないかと思います。

 

恋愛に勝ち負けはないのですが、自分から追うよりも追われる方が好きな人に対して、より多く当てはまるのではないでしょうか?

また、相手から振られるのが怖いと思う為、主導権を握りたいと思うのは普通であるとも言えますので、ある意味、賢い人の効果的な予防法とも言えるでしょう。

 

恋の駆け引きを行う人は、過去に辛い失恋を経験していたり、ケンカをして色々な事を学んでいる人に対して多く当てはまりますので、人の気持ちを考えられる人が多い事でしょう。

しかしこの場合は、プライドが高い人に対しても多く見受けられる傾向にありますので、あまりにも度が過ぎる人の場合は要注意です。

 

関連記事
恋愛に駆け引きは必要不可欠?心理に基づく効果的なテクニック!

  あなたは、恋愛に駆け引きは必要不可欠だという事を、ご存知でしょうか?   モテる人は、恋の駆け引きが上手いという共通の特徴がありますので、時には駆け引きを行う事も大切なのです。 ...

続きを見る

 

⑤ 言うタイミングが分からないから

 

確かに好きと言うタイミングはよく分かりませんし、恋愛経験が浅い人程、中々好きという言葉を伝えられないのではないかと思います。

何気ない一言かもしれませんが、案外勇気がいるものですし、TPOを見極めるのはとても難しいと言えるでしょう。

 

告白やプロポーズをする時でしたら、好きというワードを使用するかもしれませんが、日常生活においては、特に言う場面もありませんからね。

だからこそ、本当に好きだと思っていたとしても、いつ言えば良いのかが分からずに、そのまま放置してしまっている人も多いのではないでしょうか?

 

ドラマのような恋は、日常ではほとんどないと言っても過言ではありませんので、なぜ言わないのかはある程度予想できるでしょう。

もし逆に好きと言われた場合、実際には反応に困るという意見も聞かれましたので、だからこそあえて言わないというケースも考えられるのではないかと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

付き合いたてのカップルや、まだ年齢が若い学生の人などを中心に、愛情表現を毎日して欲しいと思う人は多いのではないかと思います。

付き合う前は、もちろんそう簡単に好きとは言いませんが、片思いから両思いになり、彼氏・彼女の関係になった場合は、好きと言って欲しいのが当たり前でしょう。

 

やはり相手の気持ちが見えないと、どうしても不安になり、その悩みを解決させたいと本能的に思ってしまうものですからね。

しかし、「なんで言ってくれないの?」と思い、本音が知りたいと思う場面もあるかと思いますが、気持ちをそのままぶつけてしまうと重い人だと思われ、嫌われる原因となりますので、要注意です。

 

悲しい・辛いと感じる人もいるかもしれませんが、好きと言わない言動には必ず意味がありますので、どうしても辛いという人は、その理由をきちんと把握する事から始めてみましょう。

もし見分け方が難しい場合は、なぜ言ってくれないのかを直接聞いてチェックしてみても良いかもしれませんね。

 

関連記事
好意を持たれている脈ありサイン!態度や仕草で確かめる恋愛心理!

  あなたは、異性の人から好意を持たれている脈ありサインをご存知でしょうか?   好きな人がいる場合、自分に対して好意を抱いてもらえているのか、とても気になるものではないかと思いま ...

続きを見る

 

しかし、理由は色々あるにしろ、一緒にいるという事は、嫌いではなく好きだから一緒にいるという事を忘れないようにし、何よりも相手の行動を見て判断していきたいものであります。

好きのサインは日頃の優しさや思いやりなどで十分分かるはずですので、そういった前向きな考え方をするのも、1つの対処法と言えるのではないでしょうか?

 

たとえ好きと言葉で言わないからといっても、決して嫌いという事ではありませんので、少し大人な考え方をするのも大切と言えるのではないかと思います。

それに、初めは良いかもしれませんが、言われすぎはだんだん義務的に聞こえてくるはずですし、言い過ぎや言われすぎは逆効果になるという事を覚えておいて下さい。

 

外国人のように、毎日のように愛を伝えてくれるのは憧れるかもしれませんが、好き好き言われ過ぎるのも次第に嫌になってしまうものですからね。

言ってくれるのは嬉しいですし、だからこそ毎日言って欲しいという気持ちもあるかもしれませんが、隣の芝生は青く見える見えるものですので、そこはグッとこらえましょう。

 

しかし、男性の場合も女性の場合も、たまには好きという言葉を投げかけてあげて下さい

 

愛情表現が苦手という人も多いかもしれませんが、たまにでも言ってくれたら、やはり嬉しい気持ちになりますので、相手の不満を溜めない為の秘訣と言えるでしょう。

口下手で愛を伝えるのは苦手という人は多いはずですし、照れくさいかもしれませんが、そこは我慢をして愛をたまに伝えるのも、ケンカなく円満に過ごす為のコツなのです。

 

中々言いにくいかもしれませんが、円満カップルでい続ける為にも、こまめに気持ちを伝えるのがポイントですので、是非頑張ってみて下さい。

頻度としては、記念日など、大切な日に伝えるくらいでちょうど良いのではないかと思います。

 

また、好き好き言う人程、浮気をしやすいといったデータもありますので、そこは要注意です

 

恋人だと思っていたら、実は二股をかけられていて、本命ではなかったというエピソードをお持ちの方もおりますので、言葉ばかりで行動が伴っていない人には騙されないようにしましょう。

浮気をする人程愛を伝えやすいといった実態もありますので、相手の見極め方として、そういった人の仕草や心理を、心の片隅に留めておいて下さい。

 

それに、口では何とでも言う事が出来ますので、好き好き言って来る人の方が、胡散臭いと言い換える事も出来ますからね。

だからこそ、言わせる方法を考えるのではなく、愛が本当にあるのかを相手の態度で判断し、本当の幸せとは一体何なのかをよく考える良いきっかけにしてみて下さい。

 

関連記事
彼氏の浮気が不安で心配!見極め方やそれを確かめるチェック方法!

  あなたは、彼氏の浮気が不安で心配だと思った事はありますでしょうか?   お付き合いをしている人がいる場合、、自分に対して一途に思ってくれているのか。 浮気はしていないだろうかと ...

続きを見る

 

結論としては、好きと言われなくてもそこまで悩む必要はないでしょう

 

好きと言ってくれないという悩みを抱えている人も多いかもしれませんが、そこまで大ごとに物事を考えなくても良いのではないかと思います。

まだお付き合いをしていない段階でしたら、脈ありか脈なしなのかは気になりますが、そうではない場合、もう少し自信を持つ事も大切ではないでしょうか?

 

好きと言わない男性は、割合的に見ると女性よりも多いといったデータもありますので、特に女性の場合は全く気にする必要はないでしょう。

本当に好きでいてくれているのかが不安という気持ちも分かりますが、言われすぎると逆に重いですし、たまにでいいという意見が圧倒的に多い為、その真相をきちんと覚えておきましょう。

 

関連記事
恋愛は惚れたら負け?男女共通の好きになったら負ける意味や特徴!

  あなたは、恋愛は惚れたら負けという意味をきちんと理解していますでしょうか?   そのような言葉を聞いた事のある人も、数多く存在しているのではないかと思います。 恋愛は勝ち負けで ...

続きを見る

 

好きという気持ちが互いに伝わり、相思相愛で幸せな生活が送れる事を祈ってます。

 



-恋愛

Copyright© モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」 , 2019 All Rights Reserved.