恋愛・雑学・心理学は学校では教わらない為、このサイトでは男女共にモテる秘訣をお伝えします。

モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」

雑学

夫婦喧嘩が絶えなくて疲れた時!離婚せずに仲直りするテクニック!

投稿日:

 

あなたは、夫婦喧嘩が絶えなくて疲れた時はありますでしょうか?

 

どんな夫婦であれ、ケンカをしない夫婦なんてほとんど存在しないのではないかと思います。

しかし、毎日のようにケンカが絶えない場合、きっとストレスが溜まってしまい、離婚した方がマシだと思ってしまう事もあるのではないでしょうか?

 

仲良し夫婦

 

 

そこで今回、離婚しないように、ケンカの仲直りテクニックを、10個挙げてみたいと思います

 

 

① 相手の話を否定しない

 

 

なぜケンカに発展するのかと言いますと、意見が対立して衝突してしまった場合、相手の意見を完全に否定してしまうからではないかと思います。

だからこそ、一旦相手の考えも受け入れる大きな心を持ち、相手の意見も尊重する気持ちを持つようにしてみてはいかがでしょうか?

 

人それぞれ考え方は違いますし、どれが正解というものはない事も多い為、話を否定する事から入らずに、話を肯定する事から入るのがコツと言えるでしょう。

そのように、相手の意見を尊重する事によって、きっと上手くいかなかったものが、上手く回るようになるのではないかと思います。

 

 

② 過去の話をしない

 

 

人はケンカをしてしまった場合、どうしても過去の話を引きずりがちではありますが、「過去は過去」「今は今」と割り切った考え方をすると良いでしょう。

夫婦喧嘩の実態として、過去に起こった内容も引っ張り出して話し合いを行う傾向にありますが、それでは論点が分からなくなってしまうのではないかと思います。

 

すると、本来するはずだった話の論点がずれてしまい、ケンカの火種が大きくなってしまいますので、夫婦喧嘩の際は、過去の話をしないと約束をしてみても良いかもしれませんね。

過去の話を一切しない事によって、今起こっている事実だけを明確に考えやすくなる為、とてもシンプルに物事を捉える事が出来るのではないでしょうか?

 

 

③ 感情的にならない

 

 

人はどうしても、自分の考えが通らないとイライラしてしまう為、その怒りから、大声になり声を荒げてしまったりと、つい感情的になってしまうのではないでしょうか?

しかし、それが理由で余計イライラしてしまう可能性もありますので、怒鳴らない事を意識し、感情的になり、不満を爆発させないように要注意です。

 

だからこそ、たとえムカつく事があったとしても、深呼吸をして一旦気持ちを落ち着ける事によって、冷静になり、気持ちを上手にコントロールする事が出来るのではないかと思います。

カッとなる気持ちはよく分かりますが、ドン引きされ、一瞬で冷める原因となってしまいますので、怒る事以外にも、大声で泣く事も避けた方が良いと言えるでしょう。

 

 

④ 相手の話を聞く

 

 

ケンカの際は、自分の意見を一方的にペラペラと話したくなってしまうものですが、一方的に話す事は絶対に避け、相手の意見にも必ず耳を傾けましょう。

そうする事によって、そこから解決策が見いだされる事もあるかと思いますし、きっと上手く物事が運ぶようになるのではないかと思います。

 

すると、相手も言いたい事を言え、ストレスが溜まる心配もありませんので、きちんとした話し合いを行うように心がけるのが、仲直りのコツと言えるでしょう。

心理的に話し合いは面倒くさいからと言って、自分の思いをだけを伝える人も中には存在しますが、そのような対応は未熟な子供だけがする事ですので、大人な対応を心がけていくように気を付けましょう。

 

 

⑤ 前向きな話をする

 

 

ケンカはどうしてもマイナスなイメージがありますが、夫婦間をより良くする為のツールと考える事によって、離婚などと言った発想にはならない事でしょう。

ケンカの理由を分析し、次からは同じ理由でケンカをしないようにといった解決方法を図る事によって、より良い関係となり、夫婦の絆も深まるのではないかと思います。

 

だからこそ、否定的な話をするのではなく、どうすればより良い関係性になれるのかという事を意識し、ケンカではなく話し合いといった意識を持つようにしましょう。

ネガティブではなくポジティブに捉える事によって、ケンカの解決の糸口も見えてきやすいですし、上手く仲直りをする事が出来るのではないでしょうか?

 

 

 

⑥ 禁止ワードを言わない

 

 

本音として嫌いだと思う部分はあるかもしれませんが、言って良いことと悪いことがありますので、そこを弁えて、「傷付く言葉」「きつい言葉」は言わないよう意識しましょう。

冷める原因にもなりますし、絶対に許さないと思われてしまい、離婚回避をする事が出来なくなってしまう恐れもありますので、仲直り後も関係が悪化してしまわないよう、辛い・悲しい言葉は絶対にNGです。

 

口論になり口喧嘩をしてしまうと、関係のない人格まで否定しまう人も中には存在しますが、相手を傷つける最悪な言動はトラブルの原因になり兼ねかねませんので、要注意です。

モヤモヤする事もあるかもしれませんが、不快感をあらわにし、思いやりのない言葉を発してしまうと、さり気ない一言が別れの原因となってしいますので、それは絶対条件として覚えておいて下さい。

 

 

⑦ 言い方に気を付ける

 

 

ケンカをしてしまうと、ついキツイ言い方をしてしまったり、逆に敬語になって嫌味ったらしくなってしまう人も多い為、それは絶対に避けるようにしましょう。

そのような言い方は、ケンカを売っているようなものですので、相手からも攻撃的な態度を取られる可能性も高く、火に油を注ぐようなものでしょう。

 

しかし、振る舞い方1つで、言い合いになる事は簡単に防ぐ事が出来る為、言葉遣いには注意をし、なるべく高圧的にならないような話し方を意識するのがベストであります。

またその際は、笑顔を意識する事によって、心理的に仲直りをしやすくなるといったエピソードもありますので、ケンカをしたとしたも、互いに相手をすんなりと許す事が出来るのではないでしょうか?

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

夫婦円満の秘訣!共働きでも我慢できるケンカをしないコツ!

 

 

⑧ 悪い部分は必ず認める

 

 

互いに悪い部分は必ずあると思いますので、そこを素直に反省し、「ごめんね」と、謝罪の気持ちを一言を伝えるのがポイントと言えるでしょう。

人は合わせ鏡な生き物ですので、自分から謝る事によって、きっと相手からも悪い部分を謝罪され、上手く仲直りする事が出来るのではないでしょうか?

 

しかし、変なプライドで否を認めようとしなかったり、「100対0であっちが悪い」などという考え方をしてしまっては、険悪なムードが収まる事はありませんので、きちんと謝罪の言葉を述べましょう。

自分の否を素直に認めて謝るという行為は、否を全て認めるという事では決してありませんので、大人になり、自分から謝るクセを付ける事が、仲直りのテクニックではないかと思います。

 

 

⑨ 妥協点を考える

 

 

互いに思う部分はあるかもしれませんが、どこか落としどころを付けなければ、永遠に問題は解決できませんので、意見の食い違いがあったとしても、人によって価値観が違うと思う事が大切なのです。

男性と女性の性格が合わないのは当たり前ですし、特に男性の場合は、理屈っぽくて、正論で丸め込もうとする人も多いかと思いますが、互いに考え方の違いがあるという事実を理解し、どっちも半分ずつ我慢しましょう。

 

時には理不尽だと思う事もあるかもしれませんが、「普通」「絶対」という言葉で価値観の押し付けをする事なく、互いに理解し合う事が、ケンカが長続きする事なく、上手く収まるコツと言えるでしょう。

だからこそ、意地を張り合ったり、自分勝手で自己中な意見を述べるのではなく、相手に合わせるといった部分も、少しは持てるように心がけていきましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

理屈っぽい人は疲れるから嫌われる!特徴と心理を把握しよう!

 

 

⑩ 時間を置く

 

 

仲直りをするテクニックとしては、時間を置くという事も非常に有効な手段と言えますので、気持ちを一旦リセットさせる為にも、少しだけ時間を置きましょう。

しかし、距離を置くのは数時間~1日くらいにしなければ、そのまま自然消滅となってしまう恐れもありますので、仮に同棲や結婚をしていない人の場合は、要注意です。

 

言い合いをするのは疲れるだけで、イライラしている時に何を言っても無駄なケースも多々ありますが、御機嫌斜めで不機嫌はない時に話をすれば、あっけなくケンカが終わる事だって珍しくありませんからね。

今すぐに解決させない事もテクニックという真相をきちんと理解すれば、仲直りをするのは案外簡単かもしれませんので、決して現実逃避をして逃げている訳ではなく、時間を置くという事をきちんと理解しておきましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

ケンカをした時に距離を置いても効果なし?復縁できる理想の期間!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

夫婦喧嘩をヒートアップさせない為には、上記のような共通点がありますので、とても効果的でオススメな対策と言えるでしょう。

割合としては、3組に1組は離婚しているといったデータがありますが、離婚に発展しないよう夫婦円満のコツとして、是非参考にしてみて下さい。

 

上記内容を少し気を付けるだけで、悩みは簡単に解決出来ますので、ケンカをしない為の、夫婦円満のオススメな対処法と言えるのではないでしょうか?

ケンカはデメリットも多いですが、状況を良くするといったメリットもありますので、ケンカではなく、何よりも話し合いを行うように心がけていきたいものであります。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

ケンカしないカップルや夫婦の共通点と特徴!長続するコツや心理!

 

 

毎日のように夫婦喧嘩をするのは精神的に疲れる為、幸せを感じ取る事が難しくなってしまうのです

 

 

しかし、常日頃から相手に対してお礼を言うクセを付けたり、愛を伝えるクセを付ける事によって、そこまで大きなケンカになる事は少なく、幸せになる為の秘訣とも言っても過言ではないでしょう。

夫婦喧嘩はしないに越した事はありませんが、溜め込まない事によって、たとえ言い争いになってしまったとしても、簡単に仲直りは出来ますので、諦める事なく、夫婦円満を目指していきたいものであります。

 

彼氏・彼女の恋人関係でしたら、簡単に別れる事も出来るかもしれませんが、カップルではなく、結婚して夫婦関係になった場合は、離婚を簡単に決断するのは難しいですからね。

ただの恋愛ではなく、結婚には責任が伴いますので、何度もケンカをしてうんざりする事もあるかもしれませんが、仲直り方法としてその特徴を是非覚えておいて下さい。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

恋愛のルールを作ると上手くいく?ケンカをしないマニュアル作り!

 

 

夫婦喧嘩がなくなり、いつまでも仲良し夫婦でいられる事を祈ってます。

 

ペアーズ

男女が簡単に出会えるマッチングアプリとなります。無料でインストールできますので、気軽に試してみて下さい。お付き合いや結婚に発展した人も、多数続出中です。

-雑学

Copyright© モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」 , 2018 All Rights Reserved.