恋愛・雑学・心理学は学校では教わらない為、このサイトでは男女共にモテる秘訣をお伝えします。

モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」

雑学

ママ友はトラブルや格差が面倒だからいらない?付き合い方のコツ!

更新日:

 

あなたは、ママ友は面倒だからいらないと思った事はありますでしょうか?

 

ママ友付き合いは、社交辞令である事も多い為、気が重く、とても疲れてしまうのではないかと思います。

1人よりマシだからという理由で、何となくお付き合いをしている人もいるかもしれませんが、そのような本音があるようです。

 

ママ友

 

 

アンケートの結果、約8割もの奥さんは、ママは面倒はいらないと回答しております。

やはり、人とコミュニケーションを取るという事は、それだけ疲れるという事を表しているのではないかと思います。

 

 

そこで今回、ママ友が面倒だと思う5つの理由と、付き合い方のコツをお伝えしたいと思います

 

 

① 考え方が合わない

 

 

ママ友とは、家がたまたま近かったり、子供が同じ学校に通っていたりと、ただ同じ境遇だからという理由で、何となく仲良くしている事が多いでしょう。

だからこそ、ママ友同士の年齢もバラバラであったり、子育ての方針が違ったりと、色々な人がいるのではないかと思います。

 

しかし、たとえ考え方が違ったとしても、どうしてもお付き合いをしていかなければならない場面も出てくる為、一緒にいて非常にストレスが溜まってしまうのではないでしょうか?

親友は自ら相手を選ぶ事が出来ますが、ご近所付き合いというものに関しては、上辺だけでもお付き合いをしていかなければならない事も多いはずですからね。

 

 

会社や職場でも同じ事が言えますが、たとえ社内に嫌いな人がいたとしても、その会社にいる限り、どうしても言葉を交わさなければならない場面も出てくるでしょう。

それと全く同じであり、仕方なく付き合う人というのは、どうしても一緒にいてイライラしてしまいやすいのです。

 

気の合う本当の友達ではないからこそ、何をするにしても気を遣ったりと、あまり楽しいとは感じませんので、ママとはいらないと思う人が多いのかもしれませんね。

気の合う人の方が少ないとは思いますが、ランチの趣味から何もかも違う人と一緒にいるのは、苦痛に感じるのは仕方ない事なのではないかと思います。

 

 

② リーダー格の人がいる

 

 

強気な性格をしている人程、ママ友が多いと言われておりますが、そのグループを仕切っているリーダー格の人は、きっとママ友も多いのではないかと思います。

しかし、リーダー格の人に気に入られようと、お土産やプレゼントを渡したりと、金銭面的にも何かと大変なのではないでしょうか?

 

嫌われないようと、常に機嫌を伺いながら行動するのは、やはり何をしても心から楽しむ事は出来ないでしょう。

それに、もし嫌われてしまった場合、仲間外れにされる可能性もありますし、そのようなトラブルに巻き込まれてしまう事だけは、避けたいものであります。

 

 

1人=友達がいないと馬鹿にされてしまいますし、引っ越しを余儀なくされるくらいないじめに遭遇している人も存在しているのです。

それに仮にいじめに遭ってしまった場合、立場的に孤立してしまいますので、子供へのいじめにも繋がってしまう恐れさえありますからね。

 

いじめられている人の味方をすると自分がいじめられてしまいますし、どんどん悪循環に陥ってしまうのではないでしょうか?

ママ友のグループにはそのような特徴がありますので、面倒くさいと思うのも頷けるでしょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

女子会は楽しくないという人が多い?ランチもディナーも関係なし?

 

 

③ 人の悪口ばかり

 

 

ママ友同士が集まると、どうしても人の悪口を言ってその場を楽しむ傾向にあります。

楽しい話をするのならまだしも、ママ友は特に人の悪口を言ってストレスを発散する傾向にある為、ついマイナスでネガティブな暗い話になりがちであります。

 

これも先程の件と少し似ているのですが、そこからグループ内でのいじめに発展してしまう事も多く、いじめというトラブルに巻き込まれる人はとても多く存在しているのです。

陰口を言ったり、仲の良かった人を裏切ったりと、女性同士はドロドロな関係である事が多い為、きっと精神的に疲れてしまうのかもしれませんね。

 

 

ママ友の悪い噂は簡単に広まりますし、集団で1人の人を攻撃するケースもよくありますので、注意が必要であります。

良い噂はそこまで広がらないのですが、なぜか悪い噂だけはすぐに広まってしまうものなのです。

 

「裏の顔があるのではないか?」と、人の顔色を気にしながら過ごすのはつまらないですし、意地悪で自分勝手な人とは誰もが付き合いたくないでしょう。

中には完全に無視をするような人もいるくらいですので、トラブル回避を上手に行っていきたいものであります。

 

 

④ 誘いを断るのが面倒

 

 

ママ友との交流を図る為に、連絡先を交換する機会もあるのではないかと思います。

すると、こちらの都合にかかわらず、誘いの連絡がどんどん来てしまい、何度も断るハメになってしまう事も多いのではないでしょうか?

 

しかし何度も断ると仲間外れにされてしまう為、「嫌われないようにたまには参加しなきゃな」という心理になってしまう為、つい行きたくもない会に参加してしまう事もあるでしょう。

上辺だけの付き合いをする時間程無駄なものはありませんし、そのような社交辞令が、非常に面倒だと感じてしまうのではないかと思います。

 

 

きちっと割り切っている人ならまだ良いですが、中にはしつこい人もいますし、断る理由をいちいち考えるのも、非常にストレスになるでしょう。

「今日は行きたくないから」と、本当の理由を言えれば良いですが、会社で有給を取る際に「今日は風邪気味だから」と、罪悪感がありながらも嘘をついてしまうのと同様、毎回毎回大変ではないかと思います。

 

断るのが面倒くさいというのもありますが、何よりも気を遣うという行為が面倒なのではないでしょうか?

1人や2人ならまだ良いですが、何十人もの人の誘いをいちいち断るのは、想像しただけで頭が痛くなりそうですね。

 

 

⑤ 自慢をされるのがウザイ

 

 

玉の輿に乗った女性でしたら、旦那自慢をしてくる人もいますし、「海外旅行に行ってきたんだ」などと、そのような話をいちいち聞かされるのは確かに面倒かもしれませんね。

勝ち負けではないのにもかかわらず、何だか負けた気分になり気分は悪くなってしまいますし、「すごいね、羨ましい」と作り笑顔で対応するのも、気疲れしてしまう事でしょう。

 

そのような格差がどうしても出てきてしまう為、立場の上下がなんとなく決まってしまい、小馬鹿にされた気分になるのではないでしょうか?

自慢話が好きな人は、なぜか図々しい人が多く、人のプライベートにも勝手に介入してくるのではないかと思います。

 

 

嫉妬させようとしているのかは分かりませんが、人を上から見下すような態度を取られる事によって、誰もがイラっとしてしまう事でしょう。

また、これも勝ち負けではないのですが、子供の進学に関しても、より頭の良い学校に入学できた場合、自慢をしてくる事も多いはずです。

 

幼稚園(保育園)、小学校、中学校、高校、大学と、何かと学校自慢をしてくるというのは、ママ友の間ではあるあるではないでしょうか?

そのように、自慢話を聞くのが苦手だからこそ、ママ友は面倒だと思ってしまうのかもしれませんね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

きっと同じような体験をした事のある人も、少なからずいるのではないかと思います。

 

 

次に、ママ友と上手に付き合う方法をお伝えしたいと思います

 

 

その方法とは、「適度な距離感を保つ」という事に尽きます

 

 

上手く付き合うには、無理して近くなり過ぎない事がコツですので、注意点として是非覚えておいて下さい。

いない方がマシと思うかもしれませんが、かといって、全くママ友を作らないというのも、いざという時に困ってしまいますので、挨拶程度の関係性は築いておくようにしましょう。

 

あまりにも社交性が全くない人ですと、子供への影響もあるかもしれませんので、挨拶だけはしっかりと笑顔で行うようにし、良い印象だけは与え続けましょう。

近過ぎもNGでありますが、遠すぎもNGではありますので、程良い距離感を保つ事こそが、対処法と言っても過言ではありません。

 

 

デメリットも多いですが、メリットが全くない訳ではありませんので、接し方には要注意であります。

何よりも他人のペースに巻き込まれないような、無理のない、マイペースな人づき合いが大切でありますので、相手の気持ちも配慮した対策を取る必要があるのですね。

 

そのような適度な関係性を築く事によって、気が楽になりますし、長い付き合いが出来るようになるのではないでしょうか?

人付き合いや人間関係は、必要だけど面倒ですし、面倒だけど必要でもありますので、時には関係を断ち切る勇気も持ち、距離の置き方には注意していきましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

嫁姑の不仲の解決方法!同居でもストレスを感じない離婚防止策!

 

 

最後に1つ、広く深い付き合いではなく、広く浅い付き合いをするのがベストですので、本当に仲の良い人とだけ、深い付き合いをするように心がけていきましょう。

ママ友が多ければ良いというものではありませんので、量より質を意識して、苦労や大変さを共感出来るような、波長の合う人と仲良くしていきたいものであります。

 

また、面倒くさそうな人からLINEや連絡先聞かれたら、連絡網しか使ってないと言い、むやみに教えない事もコツであります。

深く付き合う人には注意し、性格が良い人や、頼れる人を選択する事が、ストレスなく上手に人間関係を構築できるポイントですので、是非覚えておいて下さい。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

主婦合コンが今ブーム!既婚者人妻の不倫の実態と参加者の口コミ!

 

 

適度な距離感を保ち、ママ友と上手に付き合っていける事を祈ってます。

 

ペアーズ

男女が簡単に出会えるマッチングアプリとなります。無料でインストールできますので、気軽に試してみて下さい。お付き合いや結婚に発展した人も、多数続出中です。

-雑学

Copyright© モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」 , 2018 All Rights Reserved.