恋と愛の違いとは?結婚する前に名言の意味と心理学を理解しよう!

恋愛全般

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。

恋と愛の違いとは何かを考えた事はありますでしょうか?

 

共に似たような言葉ではありますが、中々その違いを説明できる人も多くないのではないかと思います。

だからこそ、その意味をきちんと理解した上で、異性の人と恋愛を行っていきたいものであります。

 

恋と愛の違いとは?結婚する前に名言の意味と心理学を理解しよう!

 

 

「恋」「愛」はなんとなく似てるイメージがありますが、果たしてどう違うのでしょうか?

恋愛において、ここの違いをきちんと理解していなければ、上手な付き合い方をすることは出来ませんので、その違いをしっかりと覚えておきましょう。

 

 

心理学的に言いますと、恋とは「自分本位なもの」そして愛とは「相手本位のもの」を指します。

極端ではありますが、自分勝手なのが恋、相手の事を考えているのが愛という事になりますね。

 

そして、恋とは「一時的なものではありますが」、愛は「永遠のもの」を指します。

だからこそ、恋よりも愛の方が、より相手の事を深く思っていると言えるでしょう。

 

 

好きな人が出来た時に、「今恋をしている」と言いますが、「今愛している」とは言いませんよね?

ただ、好きな相手に対しては「愛してるよ」とは言いますが、「恋してるよ」とは言いません。

 

また、あなたが親だったら良く分かるのではないかと思いますが、子どもに対して愛を注ぎますが、恋は注ぎませんよね?

この言い方からも分かるように、恋というのは自分だけの都合の良い、一方的な気持ちでしかないのです。

 

 

それに対して「愛している」という言葉は自分本位な気持ちではなく、相手の事を大切に思っているからこそ、相手に対して言える言葉なのです。

少し難しいかもしれませんが、シンプルに考えますと恋は自分の状態の事を指し、愛は相手への思いの事を指すのですね。

 

相手に対して一途な見返りのない想いがあるからこそ、恋から愛に変わるのですね。

今挙げました通り、「見返りのない」という気持ちこそが、恋と愛の境目なのではないでしょうか?

 

 

それは付き合っている、付き合っていないは関係ありません。

相手の全てを心から思っているのか、という気持ちの問題なのです。

 

「恋」という字は心が下にあるのでそれは「下心」

「愛」という字は心が真ん中にあるので、それは「真心」なのです。

 

 

日本語や漢字というのは、とても繊細に、良く考えられて出来ているのですね。

漢字は英語とは違って、きちんとした文字の意味が一つ一つ込めて作られているのです。

 

ちなみに外国では「恋」「愛」も同じく「LOVE」としか表現しません。

日本人は他の国の人と比べても、とても繊細な一面を持ち合わせておりますので、だからこそ相手に対しても、繊細な気持ちを持って接するようにしていきましょう。

 

 

あなたは、相手に対して「恋をしているのか」それとも「愛しているのか」

この2つの意味をよく考えなければなりません。

 

自問自答して、今想っている相手の事を、一度きちんと考えてみてください。

付き合っていても、結婚をしていたとしても、相手の良いところだけでなく、悪い部分も全て含めて思う事が出来なければ、それは愛しているのではなく、ただ恋をしているだけになってしまいますからね。

 

 

相手の悪い部分を含めて全てを受け入れているのでしたら、それは愛している事になりますので、何も心配をする必要はありません。

しかし、愛していないと感じるようでしたら、きちんと愛する事が出来るように、相手の全てを受け入れるようにしましょう。

 

見かけだけの良さに惚れるのではなく、相手の性格を含めすべてを好きになる事が出来なければ、それはもしかしたら愛しているとは言えないかもしれません。

しかし完璧な人なんて誰もいませんので、考え方次第でいくらでも相手のことを受け入れる事は可能であります。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

完璧な人はいないし疲れる!恋愛や結婚をする際は妥協も大切な訳!

 

 

だからこそ、「大好きだよ」っていう言葉よりも、「愛してるよ」っていう言葉を相手に対して言えるよう、上辺だけの姿に惑わされないように心がけましょう。

その逆で、あなたも相手から「大好きだよ」っていう言葉ではなく、「愛してるよ」っていう言葉を言ってもらえるよう、普段から一途な気持ちを持って接していくようにしましょう。

 

 

要するに「恋」「愛」が混ざりあった総合的なものを「恋愛」というのですね。

 

 

そして恋愛という言葉の通り、初めに恋という言葉が来て、その後に愛という言葉が来ます。

その言葉の通り、初めは恋から始まり、最後は愛で終わるものでありますので、恋から愛へと変化できるような人と、生涯を共にしていきたいものであります。

 

誰でも恋をする事は出来ますが、誰でも愛する事が出来る訳ではありません。

だからこそ、愛してと言える人が出来たのでしたら、その人をひたすら大切に思い続けましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

恋愛と結婚の違い!同じではなく別で考えると幸せになれない理由!

 

 

きっと、その人が運命の人なのかもしれませんから。

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。
恋愛全般
恋愛言葉.com
タイトルとURLをコピーしました