恋愛・雑学・心理学は学校では教わらない為、このサイトでは男女共にモテる秘訣をお伝えします。

モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」

心理学

嫉妬しない方法と秘訣!彼氏彼女への感情を抑える恋愛心理学!

更新日:

 

あなたは、嫉妬しない方法や、その秘訣をご存知でしょうか?

 

普通の人でしたら、恋愛をしたら嫉妬する人の方が多いかもしれませんし、年齢が若ければ若い程、強いやきもちを妬いてしまうかもしれません。

だからこそ、彼氏彼女への感情を抑える恋愛心理学や、嫉妬しない方法と秘訣を是非覚えておいて下さい。

 

嫉妬してる男の子

 

 

まず初めに、なぜ嫉妬してしまうのかを考えてみれば、その気持ちも少し和らぐかもしれませんので、その理由を考えてみたいと思います。

 

 

その一番の理由とは、あなたに自信がないからなのです。

 

 

あなたに自信がないからこそ、好きな人が誰かに取られてしまうのではないかという不安感から、嫉妬してしまい、つい相手に対して束縛してしまいがちにもなってしまいます。

もちろんそのような不安感は誰もが持ちながら生きていくものでありますので、そこまで気にする必要はないのではないでしょうか?

 

そういった場合、より自分磨きに時間を割き、逆に嫉妬してもらうような状況を作り出せば良いのです。

相手から嫉妬してもらう事によって、自分の方が優位に感じてしまうものですので、そうする事によって良い意味で、あなたは相手に対してやきもちを妬く事がなくなるはずですから。

 

 

しかし、人によっていろいろな意見があるかもしれませんが、嫉妬してもらう方が愛されているなと感じますし、相手の為にも、嫉妬をあえて我慢することなんて全くないのです。

人は長く一緒にいればいるほど、誰もが嫉妬しなくなっていくものですので、そこをしっかりと覚えておきましょう。

 

 

嫉妬しない人よりも、嫉妬する人と一緒にいる方が、幸せになれる可能性というものは遥かに高くなります。

 

 

だからこそ、逆を言うと、あなたも嫉妬する気持ちを我慢することなんて全くないのです。

その方が相手からしたら嬉しく感じるはずですからね。

 

そしてあなたも彼氏・彼女に対して嫉妬する人だった場合、より上手くいく可能性が高いのではないでしょうか?

それは一体なぜなのかと言いますと、嫉妬というのは好きが故に、独占欲が強い状態を指しているからなのです。

 

 

一見聞こえは悪いかもしれませんが、それだけ相手のことを思っているというのは、素晴らしいことなのです。

嫌いな人に対しては絶対に嫉妬なんてしないですからね。

 

中には誰に対しても嫉妬しない人も存在しますが、そういった人はそもそも恋愛体質ではない為、意見のすれ違いなどで別れてしまいやすい傾向にあるのです。

そういう人は彼氏・彼女が出来たとしても、おそらく友達を優先としてしまう人も多いことでしょう。

 

 

互いに同じ価値観であれば気は楽かもしれませんが、価値観が違う人同士の場合、お互い我慢しながら過ごしていくのは辛いですからね。

もちろん過度なやきもちを妬かれると嫌だなと思う部分もありますが、それだけ相手の事が好きだという事になりますので、少しくらい我慢するようにしましょう。

 

 

あなたも逆になって考えた場合、全くやきもちを妬かれない方が辛いのではないでしょうか?

 

 

言い方を変えると、自分に対してそこまで興味がないという事にもなりますからね。

だからこそ、軽いより人よりも重いくらいの人の方がいいんだと、自分自身を言い聞かせるようにしましょう。

 

 

また適度な距離感も大切ですが、興味・感心は常に抱いていて欲しいものですよね。

離婚した理由を見てみると、互いに関心がなくなって別れたカップルは多数存在しますが、嫉妬が原因で別れたカップルなんて聞いたことがありませんからね。

 

 

だからこそやきもちを妬いたり、妬かれたりするのはとても幸せな悩みなのではないでしょうか?

 

 

余談にはなりますが、やきもちを妬くことを「心を焦がす」と言います。

その由来として、やきもちを「焼く」という字にすると心が焼けるので、心を焦がすという言葉が生まれたのです。

 

心が焼けるくらい相手の事を思っているなんで素晴らしいことですよね。

「やきもちを妬かないで欲しい」と相手に言ったとして、仮に明日から全くやきもちを妬かれなくなった場合、その時にやっと相手から愛されてたんだな。と実感するはずです。

 

 

好きな人に思われない程悲しいものはないですからね。

相手の事を好きとか嫌いとか以前に、無関心が一番辛いものであります。

好きの反対は嫌いなのではなく無関心ですからね。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

好きと嫌いは紙一重?表裏一体で境界線がない恋愛心理学の意味!

 

 

人は無い物ねだりな生き物ですので、中々今の状況に満足しにくいものですが、今ある当たり前がなくなって、初めて今ある幸せというものに気付くものなのです。

隣の芝は青く見えるものですが、思われる幸せというものを常に忘れないようにしていきましょう。

 

 

そしてあなたも嫉妬をするは幸せなんだと思いながら、これからは生きていくようにしましょう。

 

 

相手を思うのは簡単ですが、相手から思われるのは簡単ではありません。

だからこそ、相手もそのように嫉妬してくれて嬉しいと思っているはずですから。

 

それでけ思われるということは奇跡に近いことなのですから。

そこをはき違えないようにしましょうね。

 

 

今は嫉妬が辛いとしても、時間と共にきっとその気持ちは薄れていくものですので、安心してこれからを生きていきましょう。

 



-心理学

Copyright© モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」 , 2019 All Rights Reserved.