滑舌を良くするトレーニング法!悪い人の訓練方法とは?

得する雑学

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。

滑舌を良くするトレーニング法とは?

 

中には滑舌が悪く、相手に言葉を何度も聞き返されてしまうような人も、中にはいるのではないかと思います。

ただし、滑舌はトレーニングをする事によって、誰もが滑舌を良くする事は可能なものなのです。

 

滑舌を良くするトレーニング法!悪い人の訓練方法とは?

 

滑舌が良くなる3つのトレーニング方法

 

① ら行の文字を何度も言うトレーニングをする

 

「あかさたなはまやらわ」という行がありますが、「ら行」の言葉が一番言いにくいとされております。

それはなぜなのかと言いますと、舌を上手く使わなければ、「ら行」の言葉はスムーズには言えないからなのです。

他の行の言葉は、息を吐くようにしたり、息を喉で鳴らしたり、唇同士を触れ合わせる事によって発生します。

これは案外簡単に発声出来るものなのですが、「ら行」に関しては舌を上手く使わない事には、上手く発生出来ないようになっているのです。

たとえば、人は笑う時にどよのうな笑い方をしますでしょうか?

「ははは」「ひひひ」「ふふふ」「へへへ」「ほほほ」と笑うように、「は行」の言葉がほとんどなはずです。

 

それはなぜなのかと言いますと、「は行」の言葉は、息を吐くだけですので、簡単に発生する事が出来るからなのです。

だからこそ、意識をしなくても自然と「は行」の言葉を発生してしまうのですね。

そのように、自然に発声しまうような簡単な行の言葉もあれば、「ら行」のように、意識しなければ言えないような言葉もあるのです。

ちなみに、薬物をやっていたりする人の事を「ラリってる」と言いますが、それはなぜなのかと言いますと、舌の筋肉がなくなり、「ら行」の言葉が言えなくなってしまうからこそ、そのような名前が付けられたと言われております。

だからこそ、たとえ薬物をやっていないとしても、お酒を飲んだりする事によっても、呂律が回らなくなり、ラリった状態となってしまうのですね。

なので、何度もその言葉を繰り返し発生する事によって、「ら行」を言うにあたり必要な舌の動きを、体に染み込ませる事が出来るのです。

 

ぽっこりお腹の原因と解消法!簡単にへこませる方法とは?
ぽっこりお腹の原因と解消法とは? 最近なんだかお腹が出てきたという人も存在するかと思いますが、腹筋は長続きしませんし、筋トレは面倒くさいと...

 

その為のトレーニング方法とは、「ら」なら「ら」を10秒間に、早口言葉のように、より多くの回数を言うようにしてみましょう。

きっと中々上手く言えないと思いますが、なるべくきちんとした発生をし、なるべく多くの回数を言うように意識してみましょう。

それを何度も繰り返し行う事によって、上手く発生出来るようになるはずですから。

特に、「り」「れ」はより難しい舌の動きをする為、よりたくさん練習してみるのがオススメなのではないかと思います。

たとえ声を出さなかったとしても、舌の動きだけを繰り返し行えば、電車の中などでも出来ますし、空いた時間にこのボイストレーニングを行ってみてはいかがでしょうか?

実際に試してみるとよく分かりますが、他の行の文字は比較的簡単ですが、「ら行」の言葉は中々上手くは言えないはずですから。

舌先は案外繊細な仕組みとなっておりますので、体にしっかりと染みつけない事には、きっと上手く発音する事が出来ないでしょう。

しかし、訓練をする事によって、見違えるように声が通るようになるはずですので、試してみる価値はあるのではないかと思います。

 

 

② 舌の筋肉を付ける

 

これも先程の「ら行」が言えなくなるのと少し関連しておりますが、舌の筋肉がないからこそ、言葉が上手く発声する事が出来ないのです。

だからこそ、舌の筋肉を付けるトレーニングを行う事が、悪い滑舌を良くするにあたり、効果的な対策と言えるのではないかと思います。

その為には、舌全体を口の上に付けたり、舌を外に出来るだけ強く押し出すようにしたりと、様々な方法が存在します。

また、歯茎にそって舌を大きく回す、舌回し運動もとてもオススメであり、これは小顔効果も兼ね備えていますので、一石二鳥なのではないかと思います。

 

小顔になる方法とは?顔が大きい人に即効果がある簡単舌体操!
小顔になる方法とは? 女性の人に限らず男性も含め、誰もがきっと小顔になりたいと思うことでしょう。 芸能人を見ても、男女問わず、小顔の...

 

とにかく、きついと思うくらい舌をたくさん動かし、少しずつ筋肉を付けていきましょう。

「1日〇〇回、〇セット行う」など、自分なりに目標を決めて、出来るだけ毎日行うように訓練していきましょう。

舌というのは、そのように意図的にトレーニングを行わなければ、年齢と共に、筋肉は落ちていく一方であります。

だからこそ、普段から意識をしてトレーニングを行う事が、秘訣と言えるでしょう。

 

運動が三日坊主になる時のコツ!モチベーションを保つ方法!
運動が三日坊主になる時のコツとは? きっとダイエットを行なっている人などを中心に、運動をしようと試みている人も、とても多く存在するのではな...

 

また、口の中の唾液が少なければ、中々上手く発生する事は出来ません。

しかし、そのような運動を行う事によって、唾液もたくさん分泌させられるようになりますので、滑らかに言葉が話せるようになるのです。

「滑舌」という言葉の通り、言葉は滑らかに話す必要がありますが、唾液は潤滑油の役割を果てしてくれますので、きっと滑舌の悩みも簡単解決出来るでしょう。

舌の筋肉を付ける事は、スムーズに言葉を話せるようになりますし、唾液を多く分泌させる事にも繋がりますので、一石二鳥と言えるのではないでしょうか?

 

③ ゆっくりと口を大きく開けて話す

 

これは少し意識をする事によって、誰もが簡単に滑舌良く話せるようになりますので、話し方のテクニックとして、是非覚えておいて下さい。

そして、即効性がある方法ですので、とても効果的でおススメなコツと言えるでしょう。

滑舌の悪い人というのは、大抵早口で、口もそこまで大きく開いていない人が多いはずではないかと思います。

自分では中々分かりにくいかもしれませんが、大抵はそのような人がほとんどですので、滑舌が悪いという人は、一度鏡をみてチェックしてみるのも良いでしょう。

アナウンサーの人を見ればよく分かりますが、ゆっくりと大きな口を開けて話しているはずですし、歌手の人も、口を大きく開けて歌っているはずではないかと思います。

だからこそ、割りばしが口の中に入るくらいの、少し大げさだと思うくらい口を思いっきり開けて話す事によって、次第にそれが普通になってくるでしょう。

早口言葉を言うのは誰もが難しいですが、たとえ言いにくい言葉だったとしても、ゆっくりと言う事によって、誰もが噛まずに話せるのではないでしょうか?

そして、口を大きく開けて話す事によって、一文字一文字をきちんと切り分けて話せるようになりますので、是非参考にしてみて下さい。

 

活舌を良くするまとめ

 

上記のような話し方を意識する事によって、誰もが滑舌良く話せるようになるのではないかと思います。

やはり滑舌が良いと、周りからはハキハキしたように見える為、好印象を抱いてもらう事が出来るのではないでしょうか?

しかし滑舌が悪い事によって、何度も聞き返されてしまい、コミュニケーションを取るのに時間がかかってしまうものでもあります。

そうする事によって、相手をイラつかせてしまう可能性もありますので、1日でも早く滑舌が良くなるようにトレーニングをしていきましょう。

ただし、続けなければまた元通りに戻ってしまいますので、滑舌が悪い原因をきちんと理解し、日頃からトレーニングをするクセを付けていきましょう。

そうする事によって、いつまでも滑舌の良い人でいる事が出来るはずですから。

 

モテる声の出し方は男女共通!トーンや高さの特徴や話し方のコツ!
モテる声の出し方を、あなたはご存知でしょうか? きっと、そのような事を意識した事のある人は、少ないのではないかと思います。 そしてあ...

 

滑舌の悪さが改善し、少しでも活舌の良い人になれる事を祈ってます。

 

無料であなたの人生が変わります。
今なら初回マッチングの限定キャンペーン開催中です。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。
得する雑学
恋愛言葉.com
タイトルとURLをコピーしました