足の臭いを取る3つの方法!原因と対策を知り嫌な臭いを消そう!


スポンサーリンク

あなたは、自分自身の足の臭いがキツいと感じた事はありますでしょうか?

人によっては、臭いと感じる人も多々いるのではないかと思います。

だからこそ、その原因と対策をきちんと理解しておきたいものであります。

feet-smell

果たしてその方法とは、一体どのようなものなのでしょうか?

その方法は主に3つありますので、今回1つ1つ見ていきたいと思います。

まず1つ目に挙げられる原因は、「足裏の角質が溜まってしまっている」という事です。

角質とは一体何かと言いますと、皮膚の上に出来る薄い膜のようなものであり、死んでいる細胞で出来たたんぱく質こそが、角質の正体なのです。

角質は直射日光から肌を守ったり、肌の水分量を保つ為にある程度必要ではありますが、足裏の角質はほとんど必要はありません。

むしろ足裏の角質はデメリットばかりであり、角質は雑菌のエサにもなってしまう為、どんどん臭い菌が増殖して、嫌な臭いの元になってしまうのです。

汗の中の雑菌が分解される際に、皮脂や角質と混ざると、嫌な臭いの原因となってしまいますので、角質のケアは怠らずに行いたいものであります。

また、古い角質を放置したままにしてしまいますと、水虫などの原因にもなってしまいますので、要注意です。

そうすると、どんどん悪循環に陥ってしまい、臭いもさらに強烈なものになってしまいますので、いち早く対処する事が大切になってきます。

薬局などに行けば、角質ケアの出来るやすりやパックなどが売っているかと思いますので、参考にしてみて下さい。

自分で行うのが難しい場合、角質ケアを行っているサロンなどもたくさんありますので、是非行ってみてはいかがでしょうか?

次に2つ目に挙げられる原因は、「足の爪が伸びきってしまっている」という事です。

手の爪とは違い、足の爪の中は湿気が溜まりやすい場所でありますので、雑菌の宝庫になってしまうのです。

だからこそ爪を長くしたままですと、雑菌の住み家を作ってしまう事になり、臭いの原因に繋がってしまうのですね。

なので、爪はこまめに切るようにし、雑菌が少しでも住みずらい環境にする事が大切なのであります。

また、爪ではありませんが、足の指も菌が溜まりやすい場所と言われておりますので、お風呂で体を洗う際は、重点的に洗うように心がけていきましょう。

スポンサーリンク

最後に3つ目に挙げられる原因は、「靴の中に雑菌が溜まってしまっている」という事です。

靴を洗う機会は中々ありませんし、おそらく靴を洗う人の方が少ないのではないでしょうか?

しかし、靴は履けば履く程、どんどんと雑菌が溜まっていってしまいます。

足の裏は1日に200cc程の汗をかくとも言われておりますので、その時に含まれる菌がどんどんと蓄積してしまうのです。

汗自体は無臭ですし、もちろん水分は蒸発されますが、その際に含まれる菌が靴に住み着いてしまう事によって、毎回その汚い靴を履かなければいけなくなってしまいます。

だからこそ、いくら足のケアをきちんと行っていたとしても、靴自体が汚ければ、足に嫌な臭いはどうしても付いてしまうものであります。

特に外で汗をかく事が多い人は、尚更気を付けなければなりません。

それを防ぐ方法として、靴を洗うのがベストではありますが、それが出来ない場合は、こまめに消臭スプレーをかけるようにしましょう。

また、ビニール袋に靴を入れ、冷凍庫で半日ほど靴を寝かせる事によって、靴の中に潜んでいるバクテリアを死滅させる事が出来ますので、こちらも試してみてはいかがでしょうか?

お風呂のカビなども同じことが言えますが、湿度の高いジメジメした所は菌が繁殖しやすい為、そのような対策を取るのは有効なのではないでしょうか?

また、それでも中々足の嫌な臭いが解決できない場合、靴下をこまめに変えるようにしたり、野菜をたくさん食べるようにしたり、湯船に浸かる習慣を付けたりと、生活習慣から変えてみるのも大切なのではないかと思います。

下記記事も似ていますので、良ければ参考にしてみて下さい。

脇汗を抑えワキガを治す方法とは?臭いの原因と対策を考えよう!

足の臭いが少しでも解消されることを祈ってます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする