恋愛・雑学・心理学は学校では教わらない為、このサイトでは男女共にモテる秘訣をお伝えします。

モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」

雑学

オシャレに我慢はつきもの?季節感のない格好や服装は無理し過ぎ?

更新日:

 

あなたは、オシャレに我慢はつきものだと思いますでしょうか?

 

たまに、季節感のない格好や服装をしている人が、街中に存在しているのではないかと思います。

それはどう見ても無理をし過ぎていると感じてしまう事も、きっとある事でしょう。

 

オシャレな女性

 

 

しかし結論から言いますと、季節感のない格好をしている人は、デメリットの方が多く存在しているのです。

だからこそ、オシャレに我慢はつきものという言葉は本当ではなく、嘘という事が答えになるのです。

 

 

そこで今回、オシャレを我慢する事によるデメリットを、3つお伝えしたいと思います

 

 

① 周りからイタイ人だと思われる

 

 

冬なのに生足でいたり、夏なのに厚底のヒールを履いていたりと、オシャレをしたいという気持ちはよく分かります。

特に好きな人とデートをする際などは、つい張り切ってしまうのではないでしょうか?

 

しかし、一人だけ季節感のない格好をする事によって、周りから一人だけ浮いて見えてしまい、その結果周りからイタイ人だと思われてしまうのです。

冬なのに薄着をして肌を露出させていたり、夏なのにオシャレだからと言って、無理して服を着こんだりアクセサリーをたくさん付けていたりするのは、きっと周りから変な目で見られてしまう事でしょう。

 

 

ダサいと思われた時点でそれはオシャレとは言えませんので、自己満足ではない意識を持つようにしていきましょう。

ハゲの人が髪を長くして薄毛を隠そうとする事と少し似ており、見栄を張るのだけは避けたいものであります。

 

オシャレに正解はありませんが、1つだけ言える事は、答えは自分で決めるのではなく、相手が決めるという事です。

だからこそ、見る人の気持ちをよく考え、客観的に見た服選びをするように心がけていきましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

髪の毛が薄い人の似合う髪型!ハゲ隠しもできるヘアスタイル!

 

 

② 周りに迷惑がかかる

 

 

例えば、夏にタイツやレギンスを履く事によって、汗で蒸れてしまい、その結果周りに嫌な臭いがしてしまう事もあるでしょう。

サラリーマンの場合は、夏なのにスーツのジャケットを着て、汗だくになっていたりと、季節感に合った服装をするという事は、とても大切な事なのです。

 

部屋は暖かかったり、涼しかったりしますので、家の中の気温ではなく、外の気温を意識して先を見越した服装をする事がコツであります。

自分も周りも誰も得はしませんので、外で歩いたりするという事も忘れずに、周りに迷惑をかけて嫌われないようにしていきたいものであります。

 

 

季節感のない服装は、冬の場合は見ていて寒く感じてしまいますし、夏の場合は暑苦しく感じてしまう事でしょう。

結果的に、それは周りの人達に対して間接的に不快感を感じさせてしまう行為に繋がりますので、自然体の姿を見せる事は非常に重要なのです。

 

お酒を飲むのは暴れたりしない限り他人に迷惑は掛かりませんが、タバコを吸っている人は他人にも副流煙という迷惑をかけてしまいます。

それと同様、周りに迷惑がかからなければ全然問題はないのですが、季節感のない服装は周りに迷惑がかかる可能性もありますので、周りを不快にしないような服装を心がけていきたいものであります。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

ブランド好きな女性の心理!結婚に向いていない女性は嫌われる?

 

 

 

 

③ その場を純粋に楽しめない

 

 

これは周りの人達に対する事ではなく、自分自身が感じる事であります。

先程挙げました季節感のない服装は、夏はより暑く感じてしまい、冬はより寒く感じてしまいますので、それをオシャレの為にと、ひたすら我慢をし続けなければなりません。

 

それ以外にも女性の場合は、ハイヒールや底の高い靴、パンプスを無理して履く事によって、足の痛みや疲れとも戦わなければなりません。

しかし無理した格好は、体に大きな負担となってしまいますので、体にとっては良くない行為であるのです。

 

 

特に長時間歩く場合などは、スニーカーを履かなければ、きっと疲れてしまい、デートを楽しむどころではなくなってしまう事でしょう。

それが原因で体調を崩してしまっては元も子もありませんので、オシャレの為にと強がらずに、歩きにくい格好も避ける必要があるのです。

 

それ以外の理由としては、重いピアスやネックレス、つけまつげなども、体に負担となってしまいますので、なるべく負担の少ないアイテムをチョイスしていくよう心がけていきましょう。

そうする事によって、他の無駄なマイナスな要素を考える事なく、その場を純粋に100パーセント楽しむ事が出来るはずですから。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

季節感のない服装の代償は意外と大きく、メリットは1つもないと言っても過言ではありません。

それはただの自己満足でしかありませんので、考え方を改め、勘違いしないようにしていきたいものであります。

 

オシャレな人はとても魅力的ですが、オシャレ過ぎも引いてしまいますので、何事も程良さが大切という事を忘れないようにして下さい。

オシャレは若いうちしか出来ないとも言われていますが、それは古い考えですので、頑張り過ぎて引かれないよう心がけましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

モテる女性の服装!男ウケの良いファッションはギャル系?清楚系?

 

 

流行りのものを着たいという願望もあるかもしれませんが、季節感に合った服装だけは守って、オシャレを楽しむようにしていきましょう。

「着心地」、「履き心地」、「使い心地」を意識する事によって、結果的にそれがオシャレな格好に繋がっていくはずですから。

 

だからこそ、夏はスキニーパンツやブーツ、冬はミニスカートや生足は避け、冬はマフラーや手袋をするなどした格好を意識しましょう。

冬の場合は冷え性の原因にもなってしまいますので、まずは体を第一に考えた服装を心がけていきたいものであります。

 

 

オシャレを我慢するのは女性に多いとされておりますので、女性の場合はより注意が必要です

 

 

モテるファッションとオシャレはイコールですので、そのオシャレの意味を勘違いしないようにして下さい。

後々後悔するのは手遅れとなってしまいますので、自分自身を客観的に一度見つめ直してみてはいかがでしょうか?

 

逆の立場に立って考えてみればよく分かるはずですので、街中に歩いている人達のファッションを参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

オシャレに我慢はつきものという言葉は間違いですので、そこを勘違いせず、本当のオシャレを楽しむようにしていきましょう。

 

 

下記記事も似ておりますので、良ければ是非参考にしてみて下さい。

年相応のファッションや服装が一番美しい!メイクや髪型も要注意!

 

 

春夏秋冬に見合った服装をし、本当のオシャレな人になれる事を祈ってます。

 

-雑学

Copyright© モテる秘訣は知識の量!人と差を付ける「恋愛・雑学・心理学」 , 2018 All Rights Reserved.