ボーナスの使い道で貧乏にもお金持ちにも!貯金が一番賢い選択?


スポンサーリンク

あなたは今現在、何かしらの仕事に就いておりますでしょうか?

そして仕事をしている人の場合、会社からボーナスは支給されておりますでしょうか?

支給されている人の場合、ボーナスの使い道1つで、貧乏にもお金持ちにもなる事が出来ますので、その使い方を1回見直してみる機会にしてみて下さい。

bonus

しかしなぜその使い方1つで、貧乏にもお金持ちにもなるのでしょうか?

その理由とは、ボーナスとはおまけみたいな臨時収入であるからなのです。

どうしても1回にまとまった大きなお金が入ってしまう事によって、人はどうしても気持ちが大きくなってしまいます。

給料が増えると生活レベルが上がるのと同様、まとまったお金が入る事によって、どうしても贅沢をしてしまいたいと思う心理状態になってしまうのです。

「いつも仕事を頑張ってるから」「普段我慢していることが多いから」と、自分にとって都合の良い言い訳を考えて、ついお金を使ってしまいがちであります。

だからこそ、ここをいかに我慢できるかによって、ボーナス貧乏にならず、簡単に貯金をする事が出来るようになるのです。

お金には、3種類の使い方があると言われており、基本的にこの3種類以外には存在しません。

まず1つ目は「投資」であり、自分を高める為や、将来自分に良いことが跳ね返ってくるようなお金の使い方であります。

仕事に関係するような資格を取る資金もそうですし、結婚をする為に婚活パーティーにお金を使うのも投資であります。

そして人脈を作る為に積極的に飲み会に参加をするのもそうですし、失敗するか成功するかは別として、株やFXなど、お金の運用を試みるのも投資であります。

次に2つ目は「消費」であり、普段人間が日常生活をする上において、必要最低限なお金の事を指します。

食事代、家賃、交通費、子どもの学費、光熱費、通信費、ローンの返済などが当てはまります。

これはどうしても必要なお金となりますので、使用金額が少ないに越した事はありませんが、余程使いすぎてなければ、さほど気にする必要もないでしょう。

スポンサーリンク

最後に3つ目は「浪費」であり、本来必要ではないお金を使用する事を指します。

旅行に行ったり、ギャンブルをしたり、キャバクラに行ったり、とても楽しい事ではありますが、本来行わなくても良いお金の使い方を指します。

もちろん贅沢をしてはいけない訳では全くありませんが、上限を決めるなど、その使い方がとても大切であるのです。

そして、この浪費こそが、ボーナスが入った時にお金をドンと使ってしまいがちな項目であり、つい衝動買いや無駄なものまで買ってしまう傾向にあるのです。

だからこそ、ボーナスはないものだと思って、全て貯金や運用に回すようにするのが良い判断でなのです。

そのような贅沢なお金に関しては、毎月の給料から貯金をして使うのが賢いお金の使いであり、お金が溜まりやすい人の特徴とされております。

もちろん、毎月ある程度貯金が出来ているのでしたら、ボーナスをある程度使用しても問題はありませんが、あり金全てを使ってしまうのだけはナンセンスです。

なのでその為の対策として、別の銀行口座にボーナスのお金を移したり、そもそもお金を使えないような環境にしてみてはいかがでしょうか?

その人の貰う給料にはよりますが、そのくらいしなければお金が中々溜まらない人も多数存在しますし、何よりも将来結婚した後は、どうしてもまとまったお金が必要になってきますからね。

プチ贅沢程度なら良いかもしれませんが、高いものを買うのがクセになってしまうと、どうしても抜け出せなくなってしまいますからね。

良い部屋に住むと、それよりランクの低い家に住めないような事と非常によく似ており、ボーナスの使い道が荒い人も、中々贅沢がやめられなくなってしまいますので、あくまでも身の丈に合った贅沢を心がけていきましょう。

そうする事によって、同じ収入であったとしても、きっと何年後かの貯金額に差が出ている事でしょう。

だからこそ、ボーナスがある人程そのお金を大切に使用し、お金持ちな人を目指していきましょう。

下記記事も似ておりますので、良ければ参考にしてみて下さい。

お金持ちになる方法とは?風水などではなくお金の使い方が大事?

出来る限り浪費から投資にお金の使い道を変え、少しでも良い生活が出来る事を祈ってます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする