美文字のトレーニング法!綺麗な漢字やひらがなを書く練習のコツ!

得する雑学

 

メル友、趣味友、飲み友、恋人、結婚相手が見つかるマッチングアプリ「ペアーズ」はこちら。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。

美文字のトレーニング法をご存知でしょうか?

 

字が綺麗な人もいると思いますが、中々人前では自信を持って字が書けないないような人も、案外多く存在しているのではないかと思います。

しかし、冠婚葬祭の時など、知り合いの人に字を見せる機会もあるかと思いますので、少しでも字が上手いに越した事はないでしょう。

だからこそ、美文字のトレーニング法や、綺麗な漢字やひらがなを書く練習のコツを、きちんと把握しておく必要があるのです。

 

美文字のトレーニング法!綺麗な漢字やひらがなを書く練習のコツ!

 

美文字を書く為の3つのコツ

 

① 文字の下の部分を揃える

 

文字は、ある程度揃っていなければ、汚く見えてしまうものであり、どれだけ上手い字を書いていたとしても、達筆とは言えないでしょう。

たとえ、一つ一つは上手い字をしていたとしても、まとまっていなければ、パッと見た感じ、上手いとは感じにくいものなのです。

例えは下手かもしれませんが、スポーツで、個々の能力が高かったとしても、チームがまとまっていなければ、そのチームはきっと弱いのではないかと思います。

しかし、個々の能力は多少低かったとしても、チームとしてまとまっている事によって、強いチームにも勝てるかもしれませんよね?

それと似たような事が、文字に対しても言えるのではないかと思います。

だからこそ、下の部分をなるべく揃えて書くのがポイントであり、上達方法のテクニックと言っても過言ではないでしょう。

また、横書きではなく縦書きの場合でしたら、左右をきちんと揃えるように意識してみましょう。

そうする事によって、たったそれだけで、少しでも字を綺麗に見せる事が可能なはずですから。

 

英語を話せるようになる方法!独学で学ぶ最短ルートとは?
英語を話せるようになる方法とは? きっと誰もが、英語をスラスラと話せる人に憧れるのではないかと思います。 これからの時代はグローバル...

 

② 同じ大きさの文字を意識する

 

これも先程の、下の部分を揃えるといった事に繋がってくるのですが、同じ大きさを意識しなければ、きっとまとまりなく見えてしまうはずです。

だからこそ、文字の画数などもきちんと意識して、画数の多い文字も、画数の少ない文字も、同じくらいの大きさになるように心がけていきましょう。

そして、ひらがなやカタカナは、漢字よりも若干小さく書くとバランス良く見えるとされております。

日頃からそのような癖をつければ、きっと次第に上手くなりますので、是非実践してみて下さい。

だからこそ、漢字が10だとした場合、ひらがなやカタカナは、9くらいの大きさを意識して書くように心がけていきましょう。

そうする事によって、字が汚かったとしても、ある程度上手く見せることは可能なのです。

字が下手な人の特徴としては、文字バランスが悪いという事が挙げられますので、シンプルに物事を考える事によって、きっとすぐに上達する事が出来るでしょう。

人によって曲線の形が違ったりと、字には個性があるかもしれませんが、文字の大きさを揃えて書くという事は、上手い人の共通点ですからね。

 

部屋のキレイさで性格は分かる?人の心理は行動で診断できる!
部屋の中を常にキレイにしていますでしょうか? そして一人暮らしをしている人は、家の中を綺麗に掃除していますでしょうか? ...

 

 

③ 文字の特徴をきちんと捉える

 

ちなみにひらがなの場合、46文字中29文字にはらいがあります。

だからこそ、払いの練習をひたすら行う事によって、少しでも上手く字を書く事が可能であります。

そして、右回りのひらがなが多く存在しますので、右回り渦巻きをたくさん書く事によって、文字を綺麗に書く良い練習になるのです。

学生時代には、文字を覚えたりする事はありますが、上手に字を書こうとする機会は、習字の時くらいしかありませんよね?

だからこそ、今からでも全然遅くはありませんので、基本が身につくような練習を、意識的に行うようにしてみましょう。

その際に、筆ペンを使用して練習するのも、「とめ」「はね」「はらい」を、より意識した書き方が出来る為、とても効果的であります。

そして、習字の時にはペンを入れる時に45度を意識して、文字を書いていたのではないかと思います。

だからこそ、普通に文字を書く際にも、45度を意識してみれば、きっと美しい文字を書く事が出来るのではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

字は性格を表す為、恥ずかしいと思わないよう、ペンの持ち方1を取っても気を付け、美文字を習得していきたいものであります。

しかし、上記内容を少し意識するだけで、子供っぽい字をしていたとしても、大人っぽい字に改善する事が可能であります。

全てを意識する事によって、文字が立体的に見え、きっと大人な文字になりますので、まずは丁寧に書く事から始めてみましょう。

初めは書くスピードは全然遅くても構いませんので、まずは綺麗な字を書くという事に集中して、文字を書いてみましょう。

 

美文字のトレーニング法さえ実践すれば、誰もが上手い字を書く事ができるでしょう

 

今の時代、スマホが普及しておりますので、手書きで文字を書くような機会は減ってきており、字も昔に比べて下手な人が増えてきていると言われております。

だからこそ、字を上手く書く練習をする必要があるのですが、そこまで長い時間ではなくても、1日5~10分程度行うだけで、見違えるように、綺麗な文字が書けるようになるのではないかと思います。

そのようにちょっとした事を意識したりするだけで、意外と簡単に美文字になる事は可能ですので、綺麗な文字をマスターできるよう、今日から改善していきましょう。

美文字な人は、それだけで印象が良くなる事も多い為、上手い字を書けるように努力していきたいものであります。

 

モテる女性の特徴!男性心理は見た目以外にも話し方や態度が重要!
モテる女性の特徴を、あなたはご存知でしょうか? 女性の場合、きっと、誰もが男性からモテたいと感じるものではないかと思います。 だから...

 

美文字の特徴を理解し、少しでも美文字になれる事を祈ってます。

 

メル友、趣味友、飲み友、恋人、結婚相手が見つかるマッチングアプリ「ペアーズ」はこちら。
※お間違いのないよう、上記バナーからどうぞ。
得する雑学
恋愛言葉.com
タイトルとURLをコピーしました