壁ドンからの顎クイキスは女性の憧れ?シチュエーション的心理とは?


スポンサーリンク

あなたは女性の場合、男性から壁ドンや顎クイをされたいと思いますでしょうか?

きっと、そのような状況に憧れている女性も、大勢いるのではないかと思います。

しかし、なぜそのようなシチュエーションにキュンと来てしまうのかを、考えた事はありますでしょうか?

kabedon-agokui

果たしてキュンとしてしまう理由とは、一体どのようなものなのでしょうか?

その理由とは、多少強引にされる事によって、男らしさを感じる事が出来るからなのです。

女性は優しい男性が好きなのは当たり前ですが、優しいだけではその相手に対して、ときめく事は少ないのではないかと思います。

優しすぎる男性は恋愛には発展せず、友達止まりで終わってしまう事も多いですし、時には男らしさを出す必要があるのです。

だからこそ、多少強引に女性をリードしてあげる事も、時には必要なのではないでしょうか?

しかし、これは好きな男性以外ではないと全く意味はありませんので、余程付き合える確信がなければ、お付き合いをしている人でない場合、するのは避けるようにしましょう。

壁ドンでしたらまだ大丈夫かもしれませんが、顎クイからのキスは、顎クイ以前に、付き合ってもない人にキスをする事は、絶対にあり得ませんからね。

そして、壁ドンをされるという事は、距離が非常に近いですし、心理的にドキッとしてしまいやすいものなのです。

また、不意に壁ドンをされた場合、その効果はより感じられるのではないかと思います。

いくら普段は強気な女性であったとしても、その時くらいは素直に女性になれるのではないでしょうか?

やはり相手から強引に来られた場合、女性は本能的に、男性に守ってもらいたいと感じるものですからね。

また、パーソナルエリアといって、他人に近付かれると不快に感じる空間があるのですが、好きな人に対しては別なのです。

ちなみにパーソナルエリアとは、個人差がありますが、大体15~45センチ以内と言われております。

しかしそこに好きでもない人に踏み込まれてしまうと、とても不快に感じてしまうものなのです。

だからこそ、そのような近距離、且つ逃げ場がないような状況に、女性はときめいてしまうのではないでしょうか?

女性は、やはり主導権を握られる事に対し、快感を覚える人が多い傾向にあるのですね。

スポンサーリンク

それに、好きな人と近距離で見つめ合う瞬間がありますので、そのような事も、ドキッとしてしまう1つの要因なのかもしれません。

壁ドンはそのような事が多く重なる関係上、女性がよりキュンとしてしまう行為であるのですね。

また、顎クイからのキスに関して言いますと、こちらも壁ドンと同様、顔が近くなりますし、見つめ合う瞬間もある為、やはりドキッとしてしまうものなのです。

それに、キスをされるという事が分かってしまう為、キスをされるまでのほんの一瞬の間で照れてしまい、それがときめきに繋がるのです。

また、壁ドンや顎クイ以外にも、床ドンもキュンときてしまう女性が多い傾向にありますので、是非試してみてはいかがでしょうか?

だからこそ、男性の場合、既にお付き合いをしていたとしても、たまには相手に対し、ドキッと感じさせるような行動を取ってみてはいかがでしょうか?

そうする事によって、いつまでもキュンキュン出来るような関係性でいられるのではないかと思います。

やはり長く付き合ったり、結婚をする事によって、昔のときめきがなくなってしまう人が多い傾向にありますからね。

なので、たまにはそのような男性らしさを見せつけるのも、とても有効なのですね。

しかし、あくまでも自然な感じで行うように心がけていきましょう。

きざなセリフをつけたりするのではなく、なるべく無言で行うのが良いのではないかと思います。

そうしなければ、なんだか不自然に感じてしまい、逆にカッコ悪く写ってしまいますからね。

そしてあからさまに行うのではなく、不意に行うようにするのが良いのではないかと思います。

壁ドンや顎クイ、床ドンは、マンガやドラマ、アニメなどの影響で世間に浸透してきているのではないでしょうか?

女性はそのようなドラマチックなシチュエーションに憧れますし、自分を重ね合わせる傾向にありますので、好きな人にでしたら、されて嫌な人はあまりいないのではないかと思います。

だからこそ男性の場合、女性の心理をきちんと理解し、少しでもときめいてもらえるような行動を取れるように心がけていましょう。

それは壁ドンや顎クイ、床ドンなでではなくても全然構いませんので、女性の気持ちを考えた行動を取れるようにしていきたいものであります。

そうする事によって、きっといつまでも初々しさを忘れずにいる事が出来るはずですから。

大好きな人と、いつまでも一緒にいられる事を祈ってます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする