髪のパサつきを解消させる3つの方法!原因は髪のケアにあった?


スポンサーリンク

あなたは、普段髪がパサついてしまうような経験はありますでしょうか?

きっと、そのような悩みを抱えている人は、案外多く存在するのではないかと思います。

しかし、普段きちっとしたケアを行っているのにもかかわらず、中々改善されないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

dry-feeling

果たして、髪のパサつきを解消させる方法とは、一体どのようなものなのでしょうか?

髪がパサついてしまう代表的な原因は主に3つありますので、今回1つ1つ見ていきたいと思います。

まず1つ目に挙げられる事は、「栄養がきちんと髪の毛に行き届いていない」という事です。

例えばダイエットをしている人や、あまりきちんとした栄養を摂っていない人の場合、髪の毛に栄養素がきちんと行き届かず、髪がパサパサになってしまう恐れがあるのです。

髪の毛は何で出来ているのかと言いますと、99パーセントがたんぱく質で出来ているという事を、あなたはご存知でしょうか?

だからこそ、きちんと食事の際にたんぱく質を食べていなければ、3食きちんとご飯を食べていたとしても、髪の毛にとってはあまり意味はありません。

もちろんどの栄養素も大切ではありますが、炭水化物よりもたんぱく質の方が遥かに大切であるのです。

それにたんぱく質は、まずは血液や皮膚などに優先的に使われます。

そして、髪の毛や爪は、余分なたんぱく質でしか使われないのです。

もし血液や皮膚よりも優先的に、髪の毛や爪に栄養素が行き渡ってしまった場合、人の生死にかかわってきてしまいますからね。

体はとても優秀に出来ていますので、そのような優先順位というものをきちんと考える事が出来る為、少し余分だと思うくらいのたんぱく質を摂る必要があるのです。

また、お酒を飲みすぎてしまった場合なども、髪の毛の水分が失われてしまい、髪の毛がパサパサになりやすいとも言われております。

それはなぜなのかと言いますと、アルコールを体から分解する時に、ビタミンやミネラルが優先して使われてしまうからなのです。

髪の毛は99パーセントがたんぱく質で出来てはいますが、亜鉛やビタミンなどの助けがなければ、髪の毛を構成する事は出来ません。

だからこそ、そのような補助的な栄養素を、無駄に使わない必要があるのですね。

次に2つ目に挙げられる事は、「紫外線やドライヤーで、髪の毛のキューティクルが剥がれてしまっている」という事です。

まず、髪の毛のキューティクルとは一体何なのかと言いますと、髪の毛1本1本の構成は目には見えませんが、根本から毛先に向かい、何重ものウロコ状の層になって重なり合って出来ています。

この層が多ければ多い程、髪の毛にツヤが出て、美しいサラッとした髪の毛に見えるのです。

しかし、紫外線やドライヤーなどの熱を加える事によって、簡単に言えばその層が焼けてしまい、潤いが少なくなってしまうのです。

そして、層が薄くなることによって、髪の毛内に含まれている水分やたんぱく質が外に出てしまい、外部の刺激から髪の毛の内部を守る事が出来なくなってしまうのです。

スポンサーリンク

それこそが髪の毛のパサつきの原因であり、髪の毛がなんだかゴワゴワとしてしまう原因となってしまうのです。

だからこそ、夏などは極力直射日光は避け、帽子をかぶるなどの対策を怠らないようにしましょう。

また、お風呂上がりの日々のドライヤーも、なるべく距離を空けて風を当てるようにし、髪の毛に負担にならないように心がけていきたいものであります。

また、濡れたままだと髪は傷みやすい為、必ずドライヤーはするべきですが、その際に市販のオイルを髪の毛全体に塗り、その後にドライヤーかけると、よりキューティクルを守れるとされています。

最後に3つ目に挙げられる事は、「髪の毛の汚れがきちんと落ちていない」という事です。

これは一番基本的な事であり、一番大切な事なのではないかと思います。

毎日お風呂に入るのは当たり前ですが、その際にきちんとしたケアが出来ていなければ、あまり意味はありません。

まず初めに、髪の毛の汚れや、皮脂にこびり付いている汚れがしっかり落とせていない人も、案外多く存在します。

その原因として、シャンプーやリンスをした後に、ほんの少しの間しかシャワーで流していないという事が挙げられます。

シャンプーやリンスをたとえ洗い流したと思っていたとしても、実は完全に流し切れていないという人が多々存在するのです。

だからこそ、最低でも2分くらいはかけて、すすぎを行っていきたいものであります。

そして、お風呂に入る前に1分程ブラッシングをする事によって、より汚れを落としやすくする効果が期待できます。

そうする事によって、皮脂に付着した汚れを髪の毛に付ける事ができ、簡単に汚れを洗い流す事が出来るのです。

その場合、目の粗いクシを使う方が、より効果があると言われております。

そのように汚れを浮かび上がらせる事によって、より髪を清潔に保てる事に繋がるのですね。

また、リンスやコンディショナーを付ける際に、すぐに洗い流してはいませんでしょうか?

ある程度時間を置かなければ、そこまで大きな効果は期待できませんので、正しい使い方をするように心がけていきましょう。

良ければ下記記事も似ていますので、是非参考にしてみて下さい。

正しいコンディショナーの使い方!間違って使うと全く意味がない?

今挙げました3つの事を意識する事によって、きっと髪の毛のパサつきが抑えられるのではないかと思います。

髪の毛は人の見た目において、とても重要な役割を果たしていますので、いつまでも美しい髪の毛でい続けたいものであります。

だからこそ、髪がパサパサな人の場合、是非参考にしてみた下さい。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする